1passwordのパスワード登録以外の使い方発見 !!

1password_150105
海外旅行用にパスポートやクレジットカードのデータをEvernoteプレミアムのオフラインに保存していた。
でも1年に1〜2回、行くか行かないかの海外旅行のために年4.500円は高いな、ということで解約した。
http://re-cyberrat.info/evernote_premium_cancel

それ以来、同様の機能を持つアプリを探していたんだけど、身近にあった。
ウェブのパスワードを一括管理している1passwordだ。

1password_icon1Password – AgileBits Inc.

クレジットカード情報を登録しておく機能があることは知っていた(利用はしていないけど…)。
まさかデータ保存の機能もあったとはね、灯台下暗しだ。
早速、使ってみた。

スポンサーリンク

使い方

Mac(PC)で1passwordを起動。
1password_150105a
今回はセキュアノートに登録する。

[+]をクリックし、プルダウンリストから[セキュアノート]を選択。
1password_150105b

ノート名も変更できるが、今回はそのまま。
セキュアノートに保存するファイルを選択する。
1password_150105c

今回は本ブログのファビコンデータのJPEGファイルを選択。
1password_150105d

登録されたら[保存]をクリック。
1password_150105e

保存された。
1password_150105f

確認。
1password_150105g

別端末でも確認

iPhone5sの1passwordを起動。
1password_150105h

セキュアノートが作成されている。
1password_150105i

[セキュアノート]をクリック。
1password_150105j

[添付ファイルを表示]をクリック。 
1password_150105k

確認できた。
1password_150105m

注意点

データの登録・保存はiOSアプリからはできない(たぶん)。
登録・保存はMac(PC)から行う必要がある。

1password_icon1Password – AgileBits Inc.

まとめ

登録・保存して同期しておけば、端末からはオフラインでもデータを見ることができる。
今回はJPEGファイルで試したが、PDFファイルやTEXTファイルでも可能だ。

Dropbox上には暗号化されたデータで保存されるので、1password経由でないと見ることができない。
セキュリティも高そうだ。

クレジットカードやパスポートのデータを保存しておく機能もあるが、手動で登録する必要がある。
打ち間違う可能性を考えると、写メやスキャンでJPEGやPDFにデータ化したファイルを、セキュアノートに保存しておいた方が簡単だしイイんじゃないかな。

とりあえず僕は、メインのクレジットカードとパスポートのデータを保存しておきました。

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ