「Amazon Dash Button」日本でもサービススタート!


Amazon Dash Buttonが、本日(2016/12/5)から日本でもスタートした。
Amazon Dash Buttonとは、どういうサービスなのだろうか。

スポンサーリンク

Amazon Dash Buttonとは


専用の小型端末、Dash Buttonで日用品を、ワンタッチで購入できるサービスだ。

Wi-Fiに接続したDash Buttonに、iPhoneやAndroid端末のAmazonショッピングアプリから希望の商品を登録しておくと、必要なときにボタンを押すだけで購入できるという仕組みになっている。
Wi-Fi接続が必須にはなるが、逆にいえば接続さえしていればキッチンはもちろん、洗面所やトイレに設置することも可能だ。

また不用意なボタンのタッチによる重複注文を防止するために、商品が届くまで追加注文はできなくなっている(解除は可能)。

さらに、注文後に確認メールが届くので、その時点でのキャンセルも可能なうえ、使用前であれば発送後でも送料無料で返品することもできる(2016/12/5時点)。

実質無料でプライム会員限定

Dash Buttonは500円で購入する必要があるが、最初の注文時に商品が500円の割引になるので端末代金は実質無料だ(かつての携帯電話みたい…)。

ただしAmazon Dash Buttonを利用できるのは、Amazonプライム会員のみということになっている。

でも僕には必要なさそうだった…

僕は日用品のほとんどと、食品や飲料品もAmazonで購入している。
そういう意味ではAmazon Dash Buttonは一見便利そうではあるが、僕の使用頻度から考えるとDash Buttonが10〜20個くらい必要になってくる。
その他、電子機器やKindle本なども購入するし、日に一度はAmazonのサイトを開いている(お気に入りに入れた、購入希望商品が値下がりしてるかどうか確認したり…)。

そんなわけで(?)、僕にはAmazon Dash Buttonは必要なさそうだ。
一定期間で自動的に割引価格で発送してくれる、Amazon定期おトク便もあるしね。

まとめ

赤ちゃんがいる家庭でオムツなどが切れ目なく日常的に必要な人、PCやスマートフォンでAmazonのサイトから購入する時間もない人には良いかもしれない。
また、お年寄りの家庭で必要なものを設定しておいてあげると、PCやスマートフォンを使わなくても簡単に購入することができる。

重複注文防止機能や無料返品できるシステムなど、ユーザーの利便性を考えたサービスでもあるので、工夫しだいで便利な使い方はありそうだ。

それにしてもAmazonは商魂たくましいというか、次から次といろんなことを考えてくるな。
これではふつうの物販がかなうわけないよね…

スポンサーリンク
関連コンテンツ