【Fire Android化計画】Amazon Fire(7インチ)にカスタムROMをインストールする方法

amazon-fire7-customrom
前回でAmazon Fire(7インチ)のroot化に成功した。

sankouAmazon Fire(7インチ)Fire OS 5.3.1をroot化する方法【Part 2】

今回は最終目的であった、カスタムROMを焼いて(インストールして)、FireをAndroidタブレット化してみよう。

スポンサーリンク

カスタムROMとは

端末に最初から搭載されている、メーカーが開発した標準ROM(stock ROM)に対し、有志が独自に開発したROMのこと。

メーカーお仕着せの余計なアプリ・システムが搭載されておらず動作が軽いなどのメリットがある。
またメーカーがアップデートを放棄した旧モデルも、カスタムROMで最新のAndroid OSを使えることもある。

一方で、個人や団体の有志が開発しているため、思わぬ不具合が含まれている可能性もあり、当然メーカーの保証が受けられなくなるなどのデメリットもある。

したがってカスタムROMの導入は、すべて自己責任だ。

カスタムROMを選択する

僕が調べた限り、Fireに使えるカスタムROMは2種類。
“Cyanogen Mod12(通称CM12)”と“Slim LP ROM”だ。

“CM12”は、Androidでは有名なカスタムROMのひとつで、実は僕もNexus 5に導入してことがある。
カスタマイズが豊富な一方で、シンプルな構成で軽快に動作した記憶がある。

“Slim LP ROM”は、“CM12”に比べてカスタマイズ性は劣るものの、ROMのサイズも小さく動作も早いということだ。

そんなわけで(?)今回は“Slim LP ROM”に初挑戦してみることにした。

Slim LP ROM導入に必要なもの

FlashFire

root化したFire上で動作し、必要なROMやデータをインストールする。
RootJunkyのサイトからダウンロード可能。

flashfire-0.24.apk

Slim LP ROM

メインのOSとなるカスタムROM。
RootJunkyのサイトからダウンロード可能。

Slim-ford-5.1.1.build.2.2b-20151210

GAppsパッケージ

カスタムROMで使うGoogleアプリ集。
RootJunkyのサイトからダウンロード可能。

Slim_mini_gapps.BETA.5.1.build.0.x-20151215

すべてダウンロードし、micro SDカードや本体の任意の場所に保存しておく。

作業行程を確認する

手順は以下の動画を参考にした。


これはFire OS 5.1.1で作業しているが、行程はほぼ同じ。
作業前に目を通しておこう。

FlashFireをインストールする

以前ご紹介したGoogle Playと同じ要領で、FireにFlashFireをインストールする。

sankou【裏ワザ】Dropboxがダウンロードできなくなったので、他の方法でGoogle PlayストアのアプリをFire タブレットにインストールする

FlashFireでSlim LP ROMとGAppsパッケージを焼く

FlashFireを起動。
スーパーユーザーリクエストは[許可]を選択。
amazon-fire7-customrom_a

右下の[]をタップ。
amazon-fire7-customrom_b

[Wipe]を選択。
amazon-fire7-customrom_c

“System data” “3rd party apps” “Dalvik cache” “Cashe partition”にチェックを入れて、右上の[]をタップ。
amazon-fire7-customrom_d

再び[]をタップし、[Flash ZIP or OTA]を選択。
amazon-fire7-customrom_e

“Slim LP ROM”と“GAppsパッケージ”を保存しているフォルダを選択。
amazon-fire7-customrom_f

最初に“Slim LP ROM(Slim-ford-5.1.1.build.2.2b-20151210)”を選択。
amazon-fire7-customrom_g

右上の[]をタップ。
amazon-fire7-customrom_h

同じ作業で“GAppsパッケージ(Slim_mini_gapps.BETA.5.1.build.0.x-20151215)”もチェック。

こういう形になったら[Flash]をタップ。
amazon-fire7-customrom_i

[OK]をタップ。
amazon-fire7-customrom_j
インストールが始まる。

5〜10分程度でインストールは終わる。
その間フリーズしたように動きが止まることもあるが、じっとガマンだ。
インストールが終わると、自動的に再起動する。

Android起動

再起動するとSlim LP ROMのロゴが現れ、Androidアプリのインストールが始まる。
終了すると設定画面だ。
amazon-fire7-customrom_k

日本語化もされている。
amazon-fire7-customrom_l

Wi-FiやGoogleアカウントなど、いつもの(?)設定をすればAndroidタブレットとしての使用が可能だ。
amazon-fire7-customrom_m

まとめ

前にも書いたように、Fireは良くできた端末だ。
ふつうに使うのであれば、root化・Android化する必要はない。

しかし、このような挑戦ができるのも、安価なFireならではといって良いだろう。

※ Android化には様々な危険がつきまとう。今回の作業に使ったツール類も100%安全が保証されているものではない。メーカーの保証を受けることができなくなる。実行される方は、すべて自己責任でお願いします。

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ