月額980円で読み放題!! 「Amazon Kindle Unlimited」国内サービス開始!

kindle-unlimited
米国や欧州、中国などではすでに始まっていたKindle Unlimitedが、2016年8月3日、日本でもサービスが開始された。
これを待っていた読書家、Kindleファンも多かったのではないだろうか。

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedとは

Kindle Unlimitedは、月額980円(税抜)で対象となるKindle本が読み放題になるサブスクリプションサービス*1
動画ではHuluやNetflix、音楽ではApple MusicやAWAの、読書版とでもいうべきか(もちろんAmazonにも、プライム・ビデオやPrime Musicがある…)。

対象となるKindle本は?

和書は12万冊以上、洋書では120万冊以上が読み放題の対象となっている。
当然(?)新刊書は対象外になっていることが多いが、過去のベストセラーや話題書などは対象になっているものも少なくない。

しかも、現時点(2016/8/3)では、高城剛氏の過去の著書が対象になってるぞ!
話題の「白本」や「黒本」シリーズはもちろん、

ミニマリストの必読書「LIFE PACKING 未来を生きるためのモノと知恵 」も読み放題の対象になっている!

ちなみに、その続編「LIFE PACKING2.1―未来を生きるためのモノと知恵―」も2016年8月8日発売予定で、現在絶賛予約受付中だ(Kindle版も同日発売予定だという…)。

Kindle Unlimitedの使い方

まずはKindle Unlimited専用サイトから登録する。
初回30日間は無料でお試しが可能なので、興味がある人はとりあえず登録してみてもイイんじゃないかな(僕も“とりあえず”登録した…)。

【注意!】

ただし自分で解約しないと、試用期間終了後に自動的に課金されてしまうので注意が必要だ。
解約手続きは、[アカウントサービス]>[デジタルコンテンツ/Kindle&ダウンロード]>[コンテンツと端末の管理]>[設定]>[Kindle Unlimitedの設定]の[登録を管理]>[メンバーシップを管理]から。

あとは、対象となっているKindle本ページで、[読み放題で読む]ボタンをクリック(タップ)するだけだ。

ちなみに同時に登録できるのは10冊まで。
新しいKindle本を読みたい時には、その分だけ登録を削除する必要がある。
とはいえ、10冊登録できれば充分だね…

Kindle UnlimitedはAmazon製端末以外でも利用可能!

Amazonプライムに付属しているサービス、対象となっているKindle本を月1冊無料で読めるというKindleオーナーライブラリーは、KindleやFireなどのAmazon製端末でないと利用できなかった。
しかし、Kindle UnlimitedはiOSやAndroid、WindowsやMacなどのアプリでも利用が可能だ。

Amazon製端末ユーザー以外の人も、これなら楽しめそうだ。

まとめ

できればこれも、Amazonプライムの中に入れて欲しかった… というのは贅沢というもの。

30日間の無料試用期間があるので、夏休みを利用して先にご紹介した高城氏の著書を、無料で読破することも可能だ。
その際には、決して解約手続きを忘れないように。

それにしてもAmazonがあれば、動画から音楽、読書まで、他が必要なくなってくるかもしれないな…

サブスクリプションサービス*1 定額制サービス。商品やサービスの数ではなく、利用期間に対して対価を支払う方式のこと。

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ