勝手にインストールされていた「Amazon RAPIDS」というアプリは何なのか!?【追記あり】

amazon-rapids朝起きて、いつものようにAmazon Fire HD 8を起動すると、見慣れぬアイコンが増えていた。
「RAPIDS」という名前だ。

もちろん自分でダウンロードした記憶はない。
どうやら、 “Amazon” のロゴが入っているので、Fireが夜の間に勝手にダウンロード・インストールしたようだ。

「RAPIDS」は、いったいどういうアプリなのだろうか。

スポンサーリンク

とりあえず起動してみる

“Amazon” のロゴが入っているから変なアプリではないだろう、ということで、とりあえず起動してみた。

勝手にチャットが始まる。
amazon-rapids_a
しかも英語だ。
延々と続きそうなので、とりあえず[Sample a story]をタップ。

画面が切り替わり、またチャットのような画面。
amazon-rapids_b
[Tap or swipe up]とあるので、画面をタップしてみる。

再び英語でチャットが始まる。
amazon-rapids_c
まったくもって、わけが分からない…

Amazon RAPIDSとは

調べてみると、Google Playにもアプリがあった。
それによると…

アマゾンラピッズは、生活にストーリー、一度に一つのメッセージをもたらすユニークなチャットスタイルで書かれて図示された、オリジナルの短編小説を持つ子どもの読書に遊び心のアプローチを提供しています。

とある。

つまり、チャット形式の子供用読み物ということか…
キャラクターの会話を読み取ることで、言葉を覚えていくことを目的としているのかもしれない…

日本語未対応?

Google Playの説明が、すべて英語表記であることから、日本語には未対応なようだ。
プリインストールアプリだからか、Amazon apps(Amazon.co.jpのアプリストア)にも表示されない。

なのになぜ、勝手にダウンロード・インストールされるのだろう。

まぁ、Alexaも日本語対応されていないのに、インストールされているようで、Google Playアプリのアップデートリストに表示されている。
対応・未対応に関わらず、そういうシステムになっているのだろう。

Amazon RAPIDSはアンインストール可能か?

アンインストールできるかどうか、アイコンを長押ししてみた。
アンインストールは表記されるが、グレイアウトしていてノンアクティブだ。
アイコンにチェックも入らない。
amazon-rapids_d
他のAmazonプリインストールアプリと同様に、アンインストールできそうもない。

まとめ

Google Playで見ると、Amazon RAPIDSは2016年12月20日にアップデートされている。
どうやら、そのタイミングでダウンロード・インストールされたようだ。

FireはAmazon純正の端末なので、OSのアップデートも自動で行われる。
それは良いんだけど、新しいアプリを自動インストールする時は、それがどういうアプリなのか、どういう使い方をするのか連絡、明記して欲しいものだ。

ネット上のセキュリティーが重要視されている現状、朝起きて見知らぬアプリが入っているのは、ちょっと怖いよ…

amazon-rapidsAmazon Rapids Amazon Mobile LLC
googleplay2

iOSアプリもあった。
amazon-rapids-itunesAmazon Rapids – AMZN Mobile LLC

ただしこれは米国版で、日本のアカウントではダウンロードできない。
やはり日本語対応していないようだ…

【追記】

先日、Fire HD 8を再起動したら、消えていた。
あれはいったい、何だったのだろうか。
システム上のバグかな…

スポンサーリンク
関連するコンテンツ