Android6.0のNexus5で、Wi-Fiが切れていない状態の対処法

android6_nexus5_wi-fi
Nexus5をAndroid6.0にアップデートしてから、Dozeモードの効果でバッテリーの消費は、けっこう抑えられた。

しかし、ふと見てみると使っていないにも関わらず、[設定]>[電池]>[履歴の詳細]ではWi-Fiが起動していることになっている。
特にバッテリー消費が激しいということはないんだけど、これはチョット気持ち悪い。
しかし、Wi-Fiを切断し直してもNexus5を再起動してみても、この状況は治らなかった。

いろいろイジってみて、とりあえずWi-Fiを切ることができたので、備忘録も含めて書いておく。

スポンサーリンク

ネットワークの通知をオフにする

ネットワークの通知をオンにしておくと、公衆(フリー)Wi-Fiを探している状態になるようだ。
これもWi-Fiが起動し続ける原因になりそうなので、必要がなければオフにしておこう。

[設定]>[Wi-Fi]>右上の[︙]>[詳細設定]>[ネットワークの通知]をオフ。
android6_nexus5_wi-fi_a

また、同じ[詳細設定]の[スリープ時にWi-Fi接続を維持]の設定を[接続しない]にしておくと、より間違いない。
android6_nexus5_wi-fi_b
ただし、この設定では常にモバイル接続になってしまうので、モバイルデータ量を節約したい人は、使用目的に応じて[常に接続]か[電源接続時のみに接続]しておこう。

端末のGPSのみで現在地を特定する

Wi-Fiを使っているのは通信だけではない。
精度の高い位置情報を得るために、位置情報機能もWi-Fiを使っている。
これもWi-Fiをオフにしておいても、位置情報を特定しようと動いているように思える。
地図アプリを使うのは、Wi-Fiが使えない屋外などが中心なので、これも設定しておこう。

[設定]>[位置情報]>[モード]で[端末のみ(GPSで現在地を特定する)]にチェック
android6_nexus5_wi-fi_c

ただし、位置情報をオフにして再びオンにすると、どういうわけか勝手に設定が変わり、[高度設定]になってしまうこともある…

まとめ

これで一応、Wi-Fiを切ることができた。
android6_nexus5_wi-fi_d

ただ、僕がNexus5で使っているのはMVNOの通信simなので、通話機能があるsimでは状況が違うのかも知れない。
モバイルネットワーク信号が赤くなっているのはそのためだろう…

MVNOの通信simで使っている、Nexus5のセルスタンバイ問題を解決する方法
僕はiPhone5sをメイン機、Nexus5をサブ機として使っている。 どちらもMVNOを利用しているんだけど、iPhoneは通話付s...
もし同じ状況で困っている人がいるなら、一度お試しになればいかがだろうか。
ただし、Wi-Fi接続が切れてモバイルデータ量を使うことになる可能性もあるので、自己責任でお願いします。

かなり使えるOSになったAndroid6.0 Marshmallowだけど、勝手に設定が変わってしまったり、まだまだ不安定なところはあるみたいだ。
さらなるバージョンアップを期待したい。


こちらの投稿もいかがですか
http://re-cyberrat.info/ios9_marshmallow_battery

スポンサーリンク