Ankerのモバイルバッテリー「Anker Astro E4」 は “PowerIQ” 搭載で、あらゆる端末の急速充電が可能!


最近はiPad mini + Anker キーボードケースで仕事をしている。

AnkerのiPad mini用のキーボードケースが高性能で、将来的にMacBook Airが不要になる可能性あり

利点のひとつはモバイルバッテリーで手軽に充給電できるところだ。

MacBook Airは、iPad mini + キーボードケースに取って代わられるのか!?

僕のiPad miniは初代で発売と同時に購入しているので、そろそろバッテリーがヘタり始めている。
カタログスペックの10時間はもたない。

今はSimplism iPhone型モバイルバッテリーを使っているんだけど、これはiPhone5/5sと同じ大きさで小型軽量なのはいいのだが、iPad miniを充電するには容量が小さい。
そこでiPad miniの充給電用に容量の大きいモバイルバッテリーを購入することにした。

スポンサーリンク

モバイルバッテリーを選ぶ

コストパフォーマンスが高いモバイルバッテリーといえば、cheeroとAnkerが二強だろう。
ダンボーとのコラボモデルでガジェット系のブロガーやYouTuberなどに人気のcheeroだけど、Anker推しの僕に迷いはなかった。
僕が購入したのはAnker Astro E4だ。

スペック

  • 容量:13000mAh
  • 入力:5V/2A
  • 出力:5V/3A x 2(合計最大3A)
  • 出力ポート数:USBx2(PowerIQ搭載)
  • サイズ:150x62x22mm 296g

iPhone5sと比べると幅ほぼ同じ、高さは2.5cmほど高く、厚みは約2倍といったところ。
重さは2倍強だから、ちょっと重みはある。

充電回数はiPhone5sが6回 、iPad miniで1.5回のカタログスペックを誇っている。
僕のモバイル環境では充分なスペックだ。

PowerIQ搭載で端末に適した電流で急速充電してくれる。

付属品


本体に巾着式のソフトケース、マイクロUSBケーブル、5V/2Aで本体を最速で充電できるプラグ折りたたみ式のアダプターが付属している。

まとめ

PowerIQの高性能なところは、Ankerの40W 5ポート USB急速充電器で実証済みだ。
細長いボディも意外と持ちやすい。

ただ、光沢のある真っ黒いボディは高級感があるが、指紋が目立ちやすい。
ホワイトモデルがあれば良かったんじゃないかな…

やはり13000mAhの容量があることは、安心感がある。
これを持っていれば、まず出先でバッテリー残量を気にしながら作業をすることはないだろう…

最後に、いつものパッケージ、フタ裏のメッセージ…
Anker Astro E4_141119h

こちらの投稿もいかがですか
Ankerの40W 5ポート USB急速充電器は、買って大正解だった!
僕は複数のガジェットを使用している。 iPhone5 NEXUS5 enchantMOON iPad×2 iPad min...
スポンサーリンク