MacBook Airは、iPad mini + キーボードケースに取って代わられるのか!?

anker_ipadmini_keyboardcase_141109f
先日、「ANKERのiPad mini用のキーボードケースが高性能で、将来的にMacBook Airが不要になる可能性あり」というブログを書いた。

AnkerのiPad mini用のキーボードケースが高性能で、将来的にMacBook Airが不要になる可能性あり


とりあえず1週間ほど使ってみた感想を書いてみたい。

スポンサーリンク

良かった点

小型軽量

モバイルにおいて小さくて軽いことは正義だ。
1kgと500g、この差は大きい。

持ち運ぶ鞄も小さいものでいいし、大きいポケットがあるジャケットであれば、手ぶらで持ち運ぶこともできる。

また、カフェなど出先で作業をする時、狭いスペースしか取れない場合でも作業しやすいこともポイントが高い。

モバイルバッテリー使用可

一般のモバイルバッテリーが使える。

HyperJuiceなど一部のバッテリーはMacBook Airでも使えるが、特殊なコネクターが必要なうえに、いずれも大型で重量がある。
iPad miniのようにマイクロUSBコードで手軽に使えない。

MacBook AirもiPad miniも、バッテリー使用時間は9時間以上のカタログスペックがあるので、満充電であれば1日の使用に困ることはないが、手軽に充電できるという余裕があることは精神衛生上良い。

キーのサイズ感・押打感も慣れれば問題なし

キーピッチは15mmと狭めで、キーストロークもMacBook Airよりやや深め。
最初は多少の違和感があったが、すぐに慣れた(仕事で何種類ものキーボードを使っているからかも知れない…)。

気になった点

角度が調整できない

溝に差し込んで立てかける形なので、iPad miniとキーボードの角度が調整できない。
卓上で使う時は絶妙な角度なので不便はないが、膝の上で使う時はやや角度が深すぎ、ちょっと無理な体勢でないと使えない。
微調整程度でもよかったので、角度が調整できれば使い勝手が増しただろう。

トラックパッドが使用できない

ブログにも書いた超絶便利なMacのトラックパッド機能が、当然iPad miniでは利用できない。
ほぼ同様のことはタッチスクリーンでできるが、キーボードから距離が離れているので作業のリズムが崩れる。
また、使用しているうちに画面が指紋で汚れてしまう。

やはり反応がゆっくり

Bluetooth接続が原因かiPad miniの性能限界か、キーボードの反応がMacBook Airと比べて0.5テンポほど遅い。
タッチタイピングできる人は、少しイライラするかも知れない。

まぁ、僕はできないんでちょうどイイんだけど…

まとめ

当然だが、一長一短がある。

ただ日々の単純な作業では、iPad mini + キーボードケースで致命的に困ったことはなかった。
何よりも移動が多い仕事では、持ち物の重量で疲労度がけっこう変わってくる。
やはり小型軽量は大きい。

また、Ankerの製品は18ヶ月の保証が付いているなど、サポート体制の良さには定評がある。
こういった製品は、サポート体制の良さで安心して購入することができる。

そんなわけで、しばらくはiPad mini + キーボードケースを使ってみるつもりだ…

※iPad Air用もある

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ