Facebookアプリがバッテリーの異常消費をしている原因が判明! やはり確信犯だったのか!?【追記あり】

iine
先日から一部ネット上でも話題になり、このブログでもご紹介した、FacebookのiOSアプリによるバッテリーの異常消費問題。

この原因が判明したようだ。

sankouiPhoneのバッテリーを異常に消費するのは、やっぱりFacebookアプリが原因だった!

スポンサーリンク

Facebookアプリはバックグラウンドで無音の音声ファイルを流していた!?

iOSのミュージックやPodcast、ツイキャスなど一部のアプリは、ホームボタンを押してディスプレイ上から消しても、バックグラウンドで動き続け、音楽(音声)を流し続ける。
これ自体は、音楽などを聞きながら別のアプリを起動し、ウェブ閲覧やその他の作業をできるので、とても便利な機能だ。

しかしFacebookアプリはこの機能を悪用(?)し、無音の音声ファイルを再生することによって、ディスプレイ上からFacebookアプリを消しても、バックグラウンドでアプリが動き続けるようにしていたらしい。
無音なのでユーザーは気づかないし、起動し続けているためバッテリーを消費していたというわけだ。

コレってヤッパ、確信犯じゃないの?

悪質っていわれても、しかたないよね

【追記】

この報道を受けてFacebookは解決を表明していたんだけど、現時点(2016/2/9)では状況は変化していないようだ…

Facebookアプリを削除すると最大15%バッテリー時間が伸びるとの衝撃の報告【ギズモード・ジャパン】

Facebookはホーム画面にブラウザアイコンを置くのがベスト!

そんな悪さをするFacebookアプリを使わず、ブラウザからアクセスするのが、現時点ではベストだろう。
しかし、そのたびにブラウザを開き、IDとパスワードを入力しアクセスするのは、とても面倒だ。

そこでiOSやAndroidの機能を利用し、ホーム画面にブラウザアイコンを作成しておこう。

iOSの設定

  1. SafariでFacebookを開き、自分のページにアクセスする
  2. 下部中央の共有ボタンをクリック
  3. anti_facebook_3_a

  4. [ホーム画面に追加]をクリック
  5. anti_facebook_3_b

  6. 確認画面で[追加]をクリック
  7. anti_facebook_3_c

  8. 作成された
  9. anti_facebook_3_d

Androidの設定

  1. ChromeでFacebookを開き、自分のページにアクセスする
  2. 右上の[︙]をクリック
  3. anti_facebook_3_e

  4. [ホーム画面に追加]をクリック
  5. anti_facebook_3_f

  6. 確認画面で[追加]をクリック
  7. anti_facebook_3_g

  8. 作成された
  9. anti_facebook_3_h


コレでアプリと同じように、簡単にアクセスできる。

ただし、プッシュで通知などは来ないから、Messengerなどを利用している人は注意が必要だ。

まとめ

と、まぁFacebookに対して否定的なことばかり書いているけど、全面的に認めていないわけではない。

Facebook自体はリア充のツールであり、非リア充の僕は2年以上投稿していない(投稿することもないしね…)。
でも、退会しなかったおかげで、10年くらい交流のなかった友人と久しぶりに会えたり、転勤や引越しで遠くに行ってしまった知人の近況が分かったりすることもある。
そんなところが、Facebookの良い点でもあり、僕が文句を言いながらも退会していない唯一の理由だ。

もちろん、Facebookも運営していくためには何らかのマネタイズが必要だろう。
ページやアプリに有償のCMや、Cookieやウェブビーコンを利用し、ユーザーに最適な広告を表示したりすることを否定するつもりはない。

ただ、今回のようにユーザーを騙すような形で、しかも知らない間にバッテリーを消費してしまうような仕組みで、情報を集めようとするのは、とても残念だと思う。

もっとユーザー視線を持って、Facebook本来の機能に特化すれば、今よりずっと楽しいSNSになりそうな気がするんだけどな…

スポンサーリンク
関連するコンテンツ