ついにリリース !! Apple Musicをさっそく試してみる

applemusic
僕は新iOSがリリースされても、すぐにはアップデートしない。
動作の不安定やバッテリーの異常消費など、不具合が含まれていることがあるからだ。

メジャーアップデートは数ヶ月、マイナーアップデートでも数週間はようすを見て、評判が出揃って、確認してからアップデートすることにしている。

しかし今回、iOS8.4はすぐにアップデートした。
WWDC2015で鳴り物入りで発表された、Apple Musicを試してみたかったからだ。

スポンサーリンク

Apple Music

アイコンが変更されている!
applemusic_a

[3ヶ月無料トライアルメンバーシップを開始]を選択。
applemusic_c

とりあえず[個人]を選択し、Apple IDとパスワードを入力。
applemusic_d
[購入]をクリックすると3ヶ月後、無料トライアル期間終了後に課金されてしまう形になるが、これは後で解除できる。

お気に入りのジャンルやアーティストを[For You]登録。
applemusic_f

New
applemusic_g

Radio
applemusic_h

Connect
applemusic_i

My Music]は以前のミュージックアプリと同じ機能。
applemusic_j

For You]でオススメされたダフト・パンクを聴いてみる。
applemusic_n

右下の共有ボタン[・・・]をクリックすると、各種共有項目が表示される。
applemusic_o
ステーションを開始]は、選択するとその曲をもとに、親和性の高い楽曲をApple Music内からセレクトし、自動的に流してくれる機能のようだ。

Apple Musicの自動更新をオフにする

Apple Musicの課金システムは、デフォルトでは自動更新になっている。
課金する予定がないにであれば、これを解除しておこう。

左上のユーザーアイコンをクリック。
applemusic_q

[Apple IDを表示]をクリック。
applemusic_r

[管理]をクリック。
applemusic_s

[あなたのメンバーシップ]をクリック。
applemusic_t

自動更新をオフ。
applemusic_u

これで3ヶ月終了後に課金されることはない(はず…)。

まとめ

やっとリリースされたApple Music。

インターフェイスもAppleらしく、使い方に迷うこともないだろう。
共有項目やオフラインでの使用など、機能的にも充実している。

予想していたより料金も安いし、次々とアーティストや楽曲が追加されているようなので、やっぱり音楽ストリーミングサービスの大本命であることは間違いなさそうだ。

“好きな音楽を聴く”のはもちろん、“新しい音楽を見つける”という機能にも重点が置かれているようにも思う。
そういう意味では、常に新しい曲を探している音楽好きには最適なサービスじゃないかな。

いずれにしても、「Apple Music」と「LINE MUSIC」、「AWA」に「Google Play Music」も加え、音楽はダウンロードではなくストリーミングで聴く時代が本格化しそうだ。

まぁ、通信量だけが心配だけどね…


こちらの投稿もいかがですか

Apple Musicのライバル爆誕! LINE MUSIC 正式リリース
先日発表されたApple Music。 WWDC2015の目玉だったようで、プレゼンにも力がこもっていた。 そのおかげで、Apple...
http://re-cyberrat.info/streaming_music

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ