未来文庫第2弾! 高城剛著「21世紀の『裏』ハローワーク: 人には言えないもうひとつの職業図鑑」


堀江貴文氏の著書「多動力」とともに、多動ブーム(?)を巻き起こした高城剛氏の「多動日記(一)『健康と平和』:-欧州編-」に続く、未来文庫の第2弾「21世紀の『裏』ハローワーク: 人には言えないもうひとつの職業図鑑」がリリースされた。

新潮文庫風の格調高い前作とは違い、今回の表紙は三才ブックス風でいかにも怪しげだ。
さっそく読んでみた。

スポンサーリンク

21世紀の『裏』ハローワーク: 人には言えないもうひとつの職業図鑑

内容は、高城未来研究所のサウンドプロジェクト「高城未来ラジオ」の内容を文字起こししたもの。
だから「高城未来ラジオ」を聴いている人は、見覚え(聴き覚え?)があるはずだ。

しかし読んでみると、聴くのと読むのとでは少し違うことに気づかされる。
聴き流していた部分が文字になることで、よりリアルに生々しく伝わってくる。
「高城未来ラジオ」を聴いている人も、一読の価値があるといって良いだろう。

さらに「高城未来ラジオ」にはなかったものもある。
注釈だ。

高城氏がインタビューする相手は、いずれも “人には言えないもうひとつの職業に就く” 人たち。
それだけに会話の中には、聞き慣れない専門用語(?)が頻発する。
「高城未来ラジオ」では説明されることがなかったそんな文言を、注釈という形で解説されている(タップするとポップアップで表示されるのも、Kindleならではの機能だ)。
「高城未来ラジオ」では分からないまま進んでいた内容も、理解することができるはずだ。

さらに章末には、内容をデータ化した表やグラフも掲載されているので、内容をさらに深く理解することができる。
中には、こんなデータどこから集めてきたん!? というものも多数収録されている。

そういう意味では高城ファンのみならず、現在の裏社会・裏経済を知るうえで必読の一冊といって良いだろう。

ちなみに表紙のモデルは、柚稀まいさん。
次巻で目線が外れる? ていうか次巻は “表” !?

柚稀まいさんは「高城未来ラジオ 第40回 どん底のGランク -柚稀まいさん/地下アイドル」のゲストでもある。

まとめ

「21世紀の『裏』ハローワーク: 人には言えないもうひとつの職業図鑑」は、前作の「多動日記(一)『健康と平和』:-欧州編-」より、さらに危険な内容になっている。
確かにこれでは大手出版社は書籍化できないだろう。
多方面から圧力や脅迫(?)があってもおかしくない。

実際本書も、このままリリースが続けられるのか不安になるくらいだ。

「21世紀の『裏』ハローワーク: 人には言えないもうひとつの職業図鑑」は、Amazon unlimited利用者なら無料で読むことができる。
僕はもちろん購入したけど。

スポンサーリンク