2016年 買って良かったもの【サブカルチャー編】

mwf9zsw0o0u-clem-onojeghuo
去年まで「20XX年 買って良かったもの」は、ガジェット編とファッション編しかやってこなかった。
しかしこのブログはサブタイトルにもあるとおり、ガジェットとファッションだけでなく、サブカルチャーもテーマとしている。
したがって今回は「2016年 買って良かったもの【サブカルチャー編】」をやってみることにした。

スポンサーリンク

Watch Dogs 2


およそ2年半ぶりのコンシューマゲーム。
もうゲーマーは卒業して、PS4は買わないつもりだったんだけど、最後にやった「Watch Dogs」の続編が出たということで、思わず購入してしまった。

結果的には後悔していない。
できることが増えすぎて操作に慣れるまでがたいへんだけど、慣れてしまえば何ということはない。
ハッキング技術を駆使するのは前作と同じだが、クアッドコプターやジャンパー(2輪RCカー)で潜入するのが新しいところだ。。

また、前作ではオマケレベルだった主人公の着せ替えも、バリエーション豊富で楽しい。

sankouWatch Dogs 2の主人公マーカス・ホロウェイの、個人的ファッションコーディネート

年末年始は、久々にゲーマーになりそうだ。

sankou待望の続編! 「Watch Dogs 2」発売決定!!【追記あり】

機動戦士ガンダム サンダーボルト


正確には2015年からアニメの配信が始まっているが、僕は2016年に見てるのでエントリーしておく。

何が正しくて何が間違っているのか、戦争時の狂気がリアルに描かれた大人のガンダムだ。
キャラクターデザインも、マンガというより劇画に近い。
メカもリアルに描かれていて、関節部にカバーが施されているのが、いかにもミリタリックで良い。

第1部が全4作、2016年4月22日の配信で終了している。
第2部はないのか、と思っていたら、先ごろ制作が発表された。
イオとダリルの闘いは、まだ終わらないぞ。
楽しみだ。

sankouガンダムが悪役!? 「機動戦士ガンダム サンダーボルト」は大人のガンダムだ!

MR.ROBOT/ミスター・ロボット Season 2.0


好評を博した「MR.ROBOT/ミスター・ロボット」の続編。
前作で提示された多くの疑問が回収されるか、と思いきや、ほとんど解明されていない。
逆に新しい疑問が増えたくらいだ。

Season 2.0は物語半ばまではハッキングはほとんどなく、その世界が主人公のXXだったことが分かる。
前作の最後くらいで登場した中国のハッカー集団ダークアーミーのリーダー、ホワイトローズの正体が徐々に明らかになったり、FBIのサイバー捜査官ドミニクの登場など、見どころはある。

しかし、謎の大半はSeason 3.0(?)に持ち越しだ。
早く配信して欲しいな…

sankou「MR.ROBOT/ミスター・ロボット Season 2.0」 Amazonプライムビデオで配信開始!

Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-


OPでもパソコンが多数出てきたり、主人公がブロガー(アフィリエイター?)だったり、SONY製ラジオの名機スカイセンサーが登場したりと、もう少しサイバーアニメなイメージだったんだけど、実際にはタイトルどおりオカルティックなお話だった。

だから残念、というのではなくさすが志倉千代丸、毎話進むたびに物語に引き込まれてしまう。
たまらず、原作の小説を読むか、と思ったら、原作もそこから先は書かれていないということだ。

誰が味方で誰が敵か、水面下で蠢く秘密結社の目的は何なのか?
あっちこっちに乱立しているフラグを、どう回収していくのか?

今一番目が離せないアニメだ。

sankouオカルティストだけではない!? 「Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-」はギークやブロガーも必見のアニメだ!

逃げるは恥だが役に立つ


YouTubeなどのネットも巻き込んで、2016年後半のテレビ界を席巻した話題のドラマ。
「恋ダンス」など、ビジュアル面だけが取り上げられがちだけど、このドラマの成功は何よりも脚本とキャラクター造形だと思う。

脚本の野木亜紀子は以前、ドラマの視聴率が悪いのは俳優のせいではなく製作側の問題、特に脚本の是非が原因だ、的なことをSNSで表明していたと記憶している。
逆にいえば、このドラマの成功は脚本のおかげだと、野木亜紀子は思っているのかどうかは分からないけど、僕はまさにそのとおりだと思っている。
ともすればガッキーや星野源に話題が集中するが、もっとこのドラマの巧みな脚本に目を向けてもイイんじゃなかろうか…

奇しくもこの投稿が公開されるのは「逃げ恥」の最終回放送日、いろんな関係にどう決着をつけるのか、まさに野木亜紀子のお手並み拝見というところだ。
僕も(できるだけ)リアルタイムで見るぞ。

sankou「逃げるは恥だが役に立つ」ネットで話題になってるので、見てみたらガッキーの魅力にヤラれた…【追記多数あり】

まとめ

今回リストアップしたものは、すべてAmazonで手に入れたり、Amazonプライムビデオで見ることができる。
アニメやマンガ、ゲームなどサブカルチャーを楽しむには、Amazonが必須ということか。
Amazon恐るべし…

[文中敬称略]

スポンサーリンク
関連コンテンツ