これだけは持って行け! ビジネスホテル宿泊時の便利品2選

Business trip_a
ビジネスホテル宿泊時、Macや文庫本、着替えの他に必ず持って行くものがある。
今回は、それをご紹介しよう。
http://re-cyberrat.info/businesshotel

スポンサーリンク

Yazawa 極小コーナータップ 4個口

Business trip_b
最近は少し増えたようにも思うが、ビジネスホテルのコンセントは限られている。
少ないところでは、デスク付近に1ヶ所、コンセント差込口が2つあるくらいだ。

一方ガジェットは、パソコンにスマートフォン、場合によってはタブレット端末に、デジカメやPS Vitaや3DSなどの携帯ゲーム機を持ち運んでいる方もいるだろう。
限られたコンセントで、これらをすべて、一晩で充電するのは不可能だ。

そんな時に活躍するのが、極小コーナータップだ。

コレはその名のとおり、超小型の電源タップだ。
80×28×20mmの小さな筐体に、背面と底面以外の4面にそれぞれ1つずつ、計4ヶ所のコンセント差込口がある。

コンセント差込口は微妙に位置がズレていて、限られたスペースの中で、それぞれが干渉しにくいように設計されている。
Business trip_c Business trip_d

差込プラグは180°可動するので、狭い場所でも使用できる。
Business trip_e

出先だけではなく、日常生活でも活躍することが期待できる逸品だ。

I-O DATA ポケットルーター WN-G150TRW

Business trip_f
これも最近は、Wi-Fiが利用できるビジネスホテルが増えたが、地方に行くとまだまだLANケーブルしかないところも多い。
一方で、タブレット端末等のガジェット類はもちろん、パソコンもLANポートがないものが増えている。

そんな時に活躍するのが、ポケットルーターだ。

僕が使っているのは、アイ・オー・データのポケットルーターWN-G150TRW。

42×56×16mmの小さなボディーをLANケーブルに繋ぎ、マイクロUSBで給電するだけで、有線LANを無線化してくれる。
給電はパソコンのUSBやモバイルバッテリーからでも可能だ。

セキュリティーも、WPA2-PSK(TKIP/AES)・WPA-PSK(TKIP/AES)・WEP(128/64bit)に対応しているので安心だ。
裏面のQRコードを専用アプリで読み取るか、これも裏面に記載されているパスワードを打ち込むだけで、簡単に接続できる。

ただし、小型ルーターなので、電波の届く範囲が限られているので注意が必要だ。
まぁ、ビジネスホテルの小さな部屋なら充分なんだけどね…

まとめ

どちらも絶対に必要なものではない。
なくても、なんとかなるだろう。

ただ、僕は何度か旅先でこれらに助けられた。
どちらも小型で軽量なので、荷持の片隅に入れておいても邪魔にならない。

そういう意味では、僕の旅の必需品だ。

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ