改めて考える、Amazon Fire タブレットをオススメする理由

Charm of Fire
Fire OS5.3.1でPrimeビデオやPrime Musicだけでなく、Kindleデータもmicro SDカードに保存できるようになり、より神端末に近づいたAmazon Fire タブレット。

新機能満載!? Fire OS 5.3.1リリース!
iPad 4(第4世代)に代わって、連日活躍中のAmazon Fire タブレット。 そのFireの新しいOS、Fire OS 5.3...
僕も自宅だけでなく、最近は外出時にも持ち出すことが増えた。

ここで改めて、そんなFireの魅力を書いておきたいと思う。

スポンサーリンク

安い!

Fireの一番の特徴をあげるとしたら、何よりも価格だろう。
通常価格で8,980円、Amazonプライム会員なら4,980円(8GBモデル)だ。

最近、性能も上って値段が下がってきた中華タブレットでも、15,000〜20,000円前後はする。
Amazonというブランドが付いたうえでこの価格は、ほとんど反則といって良いだろう。

安さの良い点は単に購入しやすいだけでなく、取扱いに必要以上の神経を使わなくて良いところにある。
ほぼ10倍の価格のiPadシリーズなどは、やはり気を使う。
ぶつけて傷を付けたくないし、落としたり水没させたくない。

その点5,000円くらいなら、壊してもiPadシリーズより、はるかに痛手は少ないし、最悪買い直しても経済的負担も軽微だ。
注文すればPrime会員なら、早ければ当日手にすることもできるし、旅行先・出張先でもコンビニ受け取りが可能だ。

そういう意味でも、ふだんと違う環境で違う神経を使う旅行先・出張先などでは最適な端末じゃないかな。

そこそこ使える!

Fireのスペックは、CPUは1.3GHzクアッドコアでRAMは1GB。
Wi-FiもシングルバンドでIEEE802.11acには対応していない。
ディスプレイ解像度も、1024×600で171 ppi。

ハッキリいって、スペック的には2〜3世代前のAndroid端末以下だ。

したがってブラウジング時など、重い操作はモッサリ感があることを否定できない。
しかしPrimeビデオ再生時に動画がカクつくことはないし、解像度が低いはずなのに映像は意外と鮮やかだ。

これはFireを動かしているOS、Android 5.0 LolipopをベースとしたFire OSが、Amazonのコンテンツに最適化されているからだ。
PrimeビデオやPrime Musicなど、Amazonのサービスを使うには必要十分な性能を備えているといって良いだろう。

外部ストレージが使える!

もちろん、microSDカードを入れ替えることによって、無限のストレージが使用可能という、本来の特性もある。
しかしここでいうのは、Fireが起動できない時でもmicroSDカード内のデータは取り出すことが可能だ、という点だ。

iPadシリーズなどの外部ストレージが使えない端末は、故障などで端末が起動できなくなると、特殊な技術を使わない限り、ふつうの人には内部のデータを取り出すことはできない。
また故障時だけでなく、端末のバッテリーが切れて充電できない場合も同様に、内部のデータにアクセスすることができない。

場合によっては端末内のデータ、貴重な写真や音源などを泣く泣く諦めることになるだろう。
microSDカードなど外部ストレージが使えれば、そんな悲劇を最低限回避することができる。

ただし紛失や盗難などの場合、端末本体にロックを掛けていてもmicroSDカードは簡単に抜かれてしまう。
microSDカードには重要な個人情報などは保存しておかない方が良いだろう。

それとともに外部ストレージが使えない端末は、こまめなバックアップを心がけておこう。

まとめ

改めてFireは、優れた端末だと思う。

Fire OSはAndroidを下敷きにしているので、裏ワザを使えばGoogle Playを使うことも可能だ。

【裏ワザ】root化しないでAmazon Fire タブレットにGoogle Playをインストールする方法
先日からクラッシュしたiPad 4(第4世代)に代わって、Amazon Fire タブレットを使っている。 意外とパフォーマンスも...
自宅で卓上ナビゲーターと使う他に、外出時専用にもう1台購入しようかと真剣に検討しているくらいだ。

とはいえ、こんな端末が「LIFE PACKING」に掲載されることはないんだろうな…

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ