ありそうでなかったモバイルバッテリー付Lightningケーブル「cheero Tsuchino-cord」


ダンボーバッテリーで有名なcheero。

ガジェット好きの間ではAnkerと人気を二分しているようだ。

僕はどちらかというとAnker派で、これまでAnker製品を中心にバッテリーなどモバイル周辺機器を購入してきた。

Ankerのモバイルバッテリー「Anker Astro E4」 は “PowerIQ” 搭載で、あらゆる端末の急速充電が可能!

Ankerの40W 5ポート USB急速充電器は、買って大正解だった!

AnkerのiPad mini用のキーボードケースが高性能で、将来的にMacBook Airが不要になる可能性あり

しかし先日、cheeroから面白そうな製品が発売されたので購入してみた。
「cheero Tsuchino-cord」だ。

スポンサーリンク

cheero Tsuchino-cord

Amazonで購入すると、ビニール袋に入っていた。

こういう梱包なのかと思ったら、裏に注書きが…

リチウムイオンバッテリーなので(運搬時に)取扱い注意、ということだ。
何かあった時に、電話番号まで書かれている。
よく見ると大阪の電話番号だ。
cheeroは日本のメーカーだということは知っていたが、大阪に本社があったんだね。
俄然、親近感が湧いてきた…

パッケージは、こんな感じ。

オレンジや黄色、ロゴの使い方など、なかなかオシャレだ。

本体は、全長1mのLightningケーブルの間に、450mhのバッテリーがある。

バッテリーの位置は、Lightning端子から約10cmのところ。

iPhone 7に接続するとこんな感じ。

バッテリー部分が絶妙な位置にあることが分かる。
質感もApple純正のシリコンケースに近く、良い感じのコンビネーションだ。

やはり純正が一番!? Apple純正「iPhone 7シリコーンケース」

バッテリー部分右端(Lightning端子寄り)に電源ボタンがひとつ。

電源ボタンを押すことでモバイルバッテリーとして使用できる。
押さずに接続すると充電・同期用のLightningケーブルとして利用でき、モバイルバッテリー使用時は電源ボタンを長押しすると充電が解除される。
バッテリーの充電状況は、その横のLEDインジケータの色で分かる。

ケーブルをまとめる用のベルクロベルトは長めになってるので、携帯時はバッテリー部分ごとまとめることができる。

チョットバッテリー両端のケーブルの折れ曲がりが気になるけど…

cheero Tsuchino-cord スペック

  • バッテリー容量:3.7V/450mAh
  • 入力:5V/1A
  • 出力:5V/1A
  • 全長:約100cm
  • 重さ:約36g
  • その他: MFI認証取得、1年間保証付

まとめ

バッテリーは450mAhなので、iPhone 7を1/4程度充電できる容量しかない。
本来のモバイルバッテリーとしては、明らかに力不足だ。
日常的にモバイルバッテリーを携帯している人には必要ないかもしれない。

しかし、ふだんはLightningケーブルしか持ち歩かない人には、便利なアイテムになりそうだ。
特にApple Payは、バッテリーが落ちてしまうと使えなくなる。
そんな時1/4でも充電できれば、交通機関を使うこともコンビニで飲み物を買うこともできる。
Lightningケーブルの代わりにcheero Tsuchino-cordを持っておけば、いつか役立つ日がくることだろう。

そして今回、僕がこの製品に惹かれたのはネーミングだ。
Tsuchino-cordは “ツチノコード” と読む。
ケーブルにボコッと膨らんだ部分がある姿が、想像上の生物(?)ツチノコに似ているからだという。
造り手が楽しんで、愛情を持ってこの製品を名付けたことが想像できる。
個人的に、こういう製品が好きだ。

大阪に本社がある会社でもあるし、今後はcheeroに注目しておくかな…

※ 通常価格は1,980円(税込)で、Amazonでは初回500個限定で1,580円で販売中。

スポンサーリンク