Chromeが有能になりすぎて、メインブラウザーの地位が揺るぎない! 新しい拡張機能2選【追記あり】

Chrome

MacにはSafari、WindowsにはInternet Explorer(Windows10からはEdgeになったんだったっけ…)など、OSにはそれぞれディフォルトのインターネットブラウザーがあるんだけど、Chromeを使っている人もけっこう多いんじゃないかな。
僕もそのひとりだ。

Chromeの魅力は、表示速度の早さもあるけど、何といっても拡張機能の豊富さだ。
自分の好みに合わせた拡張機能をインストールすることで、さらに使い勝手が良くなる。
カスタム好きの僕には、うってつけのブラウザだ。

そんなChromeに、また新しい拡張機能が増えた。

スポンサーリンク

LINE

みんな大好きLINE。
LINEのおかげで、キャリアメールを使わなくなった人も少なくないんじゃないかな。

そんなLINEがChromeの拡張機能になった。

インターフェイスは二分割のスッキリとしたもので、、すでにリリースされているWindows/Mac用アプリに似ている。
タイムラインやノートなどの機能が利用できない簡易版ではあるけど、1対1トークやグループトークは可能。

さらに「LINEメモ」という新しい機能があり、写真やスクリーンショットも保存できる。

当然、スマートフォンのLINEアプリと同時ログインができるので、iOSであればiPhone+iPad+Mac+Chromeの4ヶ所からのログインが可能になる。
そんな必要があるのかどうかは別にして…

LINE – Chrome ウェブストア

Dmail

DmailはGmailで送信したメールを、後に破壊して読めなくするための拡張機能。

Dmailをインストールすると、Gmailのメール作成画面の下にDmailのトグルボタンが表示される。
これをオンにするとDmailの機能が使える。

正確には、相手に送信されるのはメールの文書そのものではなく、文書を読むためのリンクが送られる。
受信者はメールを開き、リンクを踏むと文書が読める、という形だ。

送信者がメールを削除する場合は、Gmail画面の[All Dmails]から目的のメールを表示する。
右上の[Revoke Email]をクリックすると、削除確認のアラートが出るので、問題なければ[OK]で完全削除できる。

注意しなければならないことは、削除してしまうと送信者本人も読めなくなるということ。
必要があれば、メモアプリなどにコピペしておいた方がイイだろうな…

実際、この機能が発揮される場面ってそんなになさそうだね。
リンクメールばかり送るわけにもいかないし…

でもコレってなんだか、ミッション・インポッシブルっぽくって楽しい。
なおこのメールは自動的に消去される、なんてね…

ただし現時点ではベータ版なので、ちゃんと機能しない場合もあるようだから注意が必要だ。

【追記】

現在はダウンロードできなくなっている

まとめ

ほんと、Chromeって有能な上に、日々進化してるよね。

僕はもうオマエなしでは生きられないよ。
何よりもギブスンファンの僕は、オマエの名前が好きだ…

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ