二作目こそ名作だ! 第一作を超えた二作目映画3選

darkedinburgh_cinema
今年(2015年)、「スター・ウォーズ」と「マッドマックス」の続編の公開が予定されている。

どちらも第二作目というわけではないのだが、二作目もヒットしたからこそ、さらに続編が作られているのだ。

僕が個人的に、評価している二作目映画を紹介しよう。

スポンサーリンク

スター・ウォーズ/帝国の逆襲

その「スター・ウォーズ」。
物語の時系列では、 “クローンの攻撃” が二本目になるんだけど、公開順でいえば “帝国の逆襲” が二作目だ(ややこしいな…)。

世界的に大ヒットした一作目の “新たなる希望” と、第一部(?)完結編の三作目 “ジェダイの帰還” との間の作品、という感じなんだけど、僕はこれが一番好きだ。

冒頭の氷の惑星ホスでの戦闘シーンや、最後のダース・ベイダーの衝撃の告白、何よりも僕の大好きなバウンティハンター(賞金稼ぎ)のボバ・フェットが登場する(次作であっけない最期を迎えるんだけど…)。

見どころも多く、ストーリー的にも起伏に富んだ “帝国の逆襲” は名作だと思うよ。

マッドマックス2

そして「マッドマックス」。
一作目は近未来ポリスアクションで、低予算作品にも関わらず、容赦のないアクションシーンがウケて大ヒットした。

一作目のヒットを受け、二作目の「マッドマックス2」は前作の10倍の制作費をかけて作られた。
舞台は大戦後の荒廃した世界、精製所の人々と暴走族の石油を巡る抗争に巻き込まれるマックス。

クライマックスのタンクローリーと、それに群がる暴走族とのカーチェイスは、映画史に残る名シーンだと思う。

三作目の “サンダードーム” はチョット残念な作品だったけど…
新作には期待してるよ!

これは前作を見ていなくても、単独の作品としても充分成立する映画だ。

エイリアン2

これも続編の製作が発表された作品。
一作目は、リドリー・スコットの独特の作風が見られる、SFホラー映画だ。

その続編は、「今度は戦争だ!」のキャッチコピーが表すように、「ターミネーター」の監督ジェームズ・キャメロンお得意の、SFアクションに仕上がっている。

個人的にはこの作品のメカ類が好きだ。
惑星LV-426に降下するドロップシップや装甲兵員輸送車のAPC(Armored Personnel Carrier)、海兵隊が使う重火器、そして最後にエイリアンと対決するパワーローダー(パワードスーツ)、どれをとってもカッコイイ!
アンドロイドのビショップもクールだしね!

エイリアンシリーズは “4” までの続編も、比較的よくできていたと思う。
個人的には、大好きなウィリアム・ギブスン脚本のエイリアンも見てみたかったな…

これも前作を見ていなくても、楽しめるはずだ。

まとめ

あと、「ターミネーター2」や「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」も良かったね。

さらに、「ブレードランナー」の続編の製作も発表されている。
どういう作品になるのかわからないけど、これも楽しみだ。

それにしても、これらの映画、ほとんどが1980年代の作品なんだよね。
僕が一生懸命映画を見始めた時でもあるんだけど、この年代の映画の続編が、三十年近く経って作られるということは、やっぱり名作揃いの時代だったんだろうな…


こちらの投稿もいかがですか
http://re-cyberrat.info/movie_telop_or_dubbing

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ