サイバーパンクなサイフ考察

mobile-phone-1026122_1280
先日、僕のタイムラインで「サイバーパンクなサイフを探している」というツイートをみつけた。

僕自身、サイフにはサイバー感よりミニマル感を重視していたので、今まで意識したことはなかった。
良い機会なので、僕自身のサイバーパンクなサイフについて考えてみたいと思う。

スポンサーリンク

サイバーパンクは現金を使わない!?

そもそもサイバーパンクな世界で現金を使うのだろうか。

サイバーパンク小説の代表作「ニューロマンサー」では、

叶和圓(イエへユアン)をふた箱、三菱銀行素子(チップ)で買った。

という描写がある。
叶和圓は安タバコ、三菱銀行素子は現三菱東京UFJ銀行のICカードといったところだろう。

また、

《スプロール》でまともな商売を現金取引するのは難しい。日本では、とうに違法になっている。

という説明もあるので、やり取りはほとんど電子マネーや仮想通貨で行われているのようだ(ただし、闇ルートでは新円(ニュー・イエン)が流通している…)。

カードケースを使う!


ならば、現金(紙幣)を持ち運ぶサイフではなく、クレジットカードや電子マネーカードを収納するカードケースを代用してみてはどうだろうか。
支払いは極力電子マネーで行うのがサイバーパンクかもしれない。

このパスケースはエンボス加工された素材を表面に使っているのが特徴だ。
ふつうの革製ケースより、オシャレでどことなくサイバーな雰囲気がないだろうか。

前後にポケットがあるので、ICカードとクレジットカードを1枚ずつ収納することができる。
とはいえ、現実的に現金を持ち歩かないわけにもいかないので、中央のポケットに折りたたんだ数千〜1万円くらいの紙幣を入れておけば良いだろう。

それ以上の収納力が必要な場合は、2つ折りタイプもある。

これならコインケースはないものの、ほぼサイフとしての運用が可能だ。

まとめ

と、考えてみたのだけど、ミニマルなサイフとほとんど変わらない結果になった。

確かにサイフにサイバー感を出すのは難しいようだ。
今後も引き続き考察してみたいと思う…

sankou時代はサイバー! サイバーパンクファッション考察

sankou「MR.ROBOT/ミスター・ロボット」に見る、サイバーパンクファッション【ハッカー編】

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ