小型軽量で安価!? DJIの新型ドローン「Spark」リリース!

2017年5月25日、DJIは「Phantom」シリーズや「Mavic Pro」に続く、新型のクアッドコプター型ドローン「Spark」を発表した。

スポンサーリンク

DJI Spark


最大の特徴は小型軽量であること。
サイズは143×143×55mmで、重さは300g。
プロペラを含まない対角寸法は170mm。

それでいながら飛行時間は16分で、最高速度は時速50kmと性能的には充分。
さらにGPS/GLONASS、Vision Positioningシステムなど、Mavic Proが搭載しているIntelligent Flight Modesをすべて搭載している。

QuickShot

タップだけで飛行し、映画のようなダイナミックな撮影が簡単にできる。
真上に上昇する「ロケット」や斜め上に上昇する「Dronie」、被写体のまわりを旋回する「サークル」、周囲を旋回しながら上昇する「螺旋」など、各種の撮影が可能。

TapFly

高度を維持しながら指定した地点まで飛行する「コーディネート」や画面でタップした方向に飛び続ける「ディレクション」など、モバイルデバイスの画面をタップするだけで操作ができる。
ビジョン技術で障害物を感知し指定した飛行を続け、タップだけで撮影も可能。

ActiveTrack

被写体を自動的に認識して追尾する。
「トレース」は被写体の周囲をまわりながら追尾し、「プロフィール」は並走しながら撮影する。

ジェスチャー

操縦者の手の動きで撮影する「Selfies」や、手のひらから離陸・着陸させる「PalmControl」など、ジェスチャーで操作することも可能。

まとめ

小型軽量で高性能な「Spark」は、まさに空飛ぶロボットといったところだろう。
価格も「SPARK」といわれる単体が65,800円(税込)で、送信機やプロペラガードなどの周辺機器になった「フライモアコンボ」が91,800円(税込)と、これまでのDJIのドローンと比べると買いやすくなっている。
さらに、ドローンには珍しくカラーバリエーションが6色あるところも、マニアだけでなく一般層の購入も視野に入れているということか。

発送開始予定は6月15日で、現在公式サイトで予約受付中だ。

唯一残念なのが重さは300gで、航空法の規制対象外になる200gを上回っていること。
これにより日本国内では飛行可能範囲が大きく制限され、「Phantom」シリーズや「Mavic Pro」と同じ場所でしか飛ばせないことになる。

となると、やはり個人的には「Dobby」一択になるか…
「Dobby」の新型にも期待したいところではあるが、今のところ噂はなさそうか…

こいつはチョット欲しいぞ! ポケッタブル小型ドローン「Dobby」

スポンサーリンク