長期の旅行・出張に便利!? 高城剛氏も愛用の携帯洗濯機「Dolfi」

dolfi

10Lのバックパックひとつで世界中を移動し続ける高城剛氏。
そんな高城氏に、こんな質問が寄せられた。

▽Q.10▼▽
いつも楽しく拝見しています。
さて、高城さんは海外での洗濯はどうされていますでしょうか。
ランドリーサービスもないようなホテルに泊まるときは
どのようにされているのか教えてください。
個人的にはDolfiが気になっています。
よろしくお願いいたします。

【 A 】
USB洗濯機と呼ばれるスイスのDolfiは、発売前にもうパクリ商品が発売されてますよね。
僕も深センで購入しましたが、これがなかなかの出来。
すっかり愛用品となりました。
ちなみに、普段は10リットルのバックパックに三週間分の着替えを入れていますので、滅多にランドリーサービスを使いません。
月に一度、洗濯機が備えられているような宿泊施設に泊まる機会があれば、まとめて洗濯しますが、考えてみれば、僕は多くの汚れものを持って世界各地を移動しているとも言えますね。
そう考えると、背中が重く感じます(笑)。

【高城未来研究所「Future Report」Vol.294】

「Dolfi」とはどういうものなのか。
さっそく調べてみた。

スポンサーリンク

小型超音波洗浄端末「Dolfi」


Dolfiは手のひらサイズの小さな端末で、実際のサイズは82×64×30㎜で300g。
形や大きさから、PCのマウスのように見える。

当初はクラウドファンディングのIndiegogoで開発資金を募集していたのが、またたくまに10万ドルが集まったという。

使い方は、洗面所のシンクや洗面器などに水をため、洗濯物と洗剤とUSB給電に接続したDolfiを入れる。
Dolfiから超音波が発生し、洗剤を洗濯物に浸透させ汚れを落とす仕組みのようだ。

ちなみに「Dolfi」は、超音波で会話するといわれているイルカ(Dolphin)からネーミングされたらしい。

実際に使った人のレビューをみても、まずまずの性能は備えているようだ。
高城氏も評価しているので次期LIFE PACKING、「LIFE PACKING2020(?)」には掲載されるかもしれない。

まとめ

僕は1週間以上の長期の出張にも2〜3日程度の着替えしか持っていかない。
大きな荷物を持ち運ぶのが嫌いだからだ。
それに、国内であれば今はほとんどのビジネスホテルにコインランドリーがあるし、下着と靴下くらいなら入浴時に一緒に洗えば充分だ。

しかしDolfiがあれば、もっと便利になるかもしれない。
コンパクトサイズだから、荷物にもならない。
試してみる価値はありそうだ。

高城氏の回答にもあるように、Amazonでも数々のパクリ同様の製品が発売されている。
高城氏も “深センで購入” といっているので、コレらの商品かもしれない。
まぁ安価だし、試しに使うならコレで充分だろう。

スポンサーリンク