ダウンベストは、コーディネートの幅が広いうえに、意外と暖かい

downvest_141207aダウンジャケットに比べて、ダウンベストをお持ちの方は少ないんじゃないかな。

確かに日本の気候では、使い時が難しく感じそうだ。
だけどレイヤード(重ね着)すれば、意外と使いやすいし暖かい。

スポンサーリンク

アウトドア風

定番はスウェットパーカーとのレイヤード。
downvest_141207b
ボトムスは、ストレートのジーンズにワークブーツ。
ニットキャップで合わせれば、アウトドア系のコーディネートだ。

僕は持ってないんだけど、ザックリとしたローゲージのセーターに合わせればカントリー風になる。
セーターは肩当てや肘当てが付いた、コマンドセンターなんかも良さそうだ。

サイバー風

ライダースジャケットなどの、レザージャケットとのレイヤード。
downvest_141207c
一見、防寒性が高そうなレザージャケットだけど、実はそれほど暖かくない。
防風性能は高いが、保温性に乏しいのだ。
その保温性をカバーするために、ダウンベストを重ねる。
ボトムスはスリムのパンツにサイドゴアなどの、少しキレイ目のブーツが英国ぽっくていいかな…

これもまた僕は持っていないんだけど、デニムジャケット(Gジャン)と合わせると、バック・トゥ・ザ・フューチャーの主人公マーティぽくってカッコイイ。
この場合、足元はハイテク系のスニーカーで。

まとめ

オシャレのポイントはコーディネート(組み合わせ)だ。
暖かさではダウンジャケットにはかなわないけど、何よりダウンベストはコーディネートに変化をつけやすい。
ファッション性と実用性を兼ね備えた万能アイテムだ。

意外と使っている人が少ないこともポイントが高い。
バッティングの可能性も低いしね。

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ