マルチペアリングでハイコストパフォーマンス「Dylan Bluetooth イヤホン 」購入!


iPhone 7になって3.5インチオーディオ端子がなくなった。
専用のLightningプラグ付きイヤホンと、Lightning/3.5インチオーディオ端子変換コードも付属してる。
しかし、これらには使用中に充電できないという、大きな欠点がある。
やはり、Bluetoothイヤホンを使うのが機能的ででスタイリッシュ(!?)だ。

僕は今まで、AnkerのBluetoothイヤホンを使っていた。

コスパ最強のBluetoothイヤホン! Anker SoundBuds Sport

コスパも高くふつうに使いやすいBluetoothイヤホンだったが、僕はインナータイプが苦手で長く使っていると耳の穴が痛くなってくる。
特にBluetoothイヤホンは、本体(耳に接する部分)にバッテリーやシステムが内蔵されているため、有線のイヤホンより重くなっているので、さらに耳への負担が大きくなっているように感じる。

個人的にはオープンタイプのイヤホン、特にiPhone 5から付属しているEarPodsが耳への馴染みも良くて好きだ。

イヤホンはiPhone付属のものを、ありがたく使う

こういうタイプのBluetoothイヤホンはないのか(チンアナゴを除く)、と探していたらあった。
しかも、さらに耳の負担がなさそうなネックバンドが付属している。
「Dylan Bluetooth イヤホン」だ。

スポンサーリンク

Dylan Bluetooth イヤホン

イヤホン本体の他に付属品は、2種類のイヤーパッドと充電用のmicroUSBケーブルにマニュアル。

イヤホン本体は、ほぼEarPodsと同じデザイン・大きさだ。

背面のみデザインが異なっているのは、左右をマグネットでくっつけるため。

使わない時に首にかけておいても、落とす心配がなさそうだ。

右にコントローラが付いている。

+ーボタンで音量調整と前曲/次曲の切り替え、中央のボタンは電源やBluetooth接続、通話時の応答などに使う。

ネック部分に充電用のmicroUSB端子がある。

ネックバンドを装着した状態でも、充電は可能だ。

Dylan Bluetooth イヤホンを選んだ理由

  • マルチペアリング
    Bluetoothイヤホンでマルチペアリングのものは意外と少ない。
    iPhoneからiPadに切り替える場合、その都度ペアリングし直す必要がある。
    Dylan Bluetooth イヤホンは一度ペアリングすれば、2端末まで認識してくれる。
    2端末同時に接続することも可能だ。
  • ネックバンドが取外し可能
    最近ネックバンド式のBluetoothイヤホンも増えてきているが、そのほとんどが一体式になっている。
    ネックバンドは直接肌に触れる場合が多いので、汗や脂で汚れることもある。
    ネックバンドが外れれば掃除もしやすいし、丸洗いすることも可能だ。
  • 高コストパフォーマンス
    Bluetooth4.1のイヤフォンに、これだけの機能が付いて3,000円強のハイコストパフォーマンス。
  • Amazonレビューの評価が高い
    現時点(2017/7/12)で100件以上のレビューがありながら、星4.5の高評価だ。

Dylan Bluetooth イヤホンの残念な点

  • ノイズキャンセル機能が感じられない
    DSP&CVC6.0ノイズキャンセリング技術を搭載しているということだけど、僕が使った感じではほとんどノイズキャンセル機能を感じることはなかった。
    この価格でそこまで期待するのは無理か…
  • 非防水
    防水機能はないようなので、汗や雨に気をつける必要がありそうだ。
  • マニュアルが非日本語対応
    付属しているマニュアルが英語と中国語のみで、日本語表記がない。
    ある程度Bluetooth製品に慣れている人なら戸惑うことはないだろうが、初心者には不親切。
    Amazonの販売ページに、基本的な使用方法は記載されているけど…

まとめ


僕は付属のイヤーパッドを使用せず、いつものように(?)100均のスポンジタイプのイヤーカバーを付けている。
個人的には、これが一番耳触りも良く外れにくくて快適だ。
100均なので汚れたり破れたり、失くしたりしてもすぐに交換できるしね…

肝心の音の方は、値段なりといったところなので、過度な期待はしない方が良いだろう。
まぁ、バカ耳の僕には充分な音質なんだけど…

これでまた、マーカス・ホロウェイを気どるか。

Watch Dogs 2の主人公マーカス・ホロウェイの、サイバーパンクなファッション&持ち物チェック!

Apple製品と馴染みが良いホワイトもある。

スポンサーリンク