Mac OS X El Capitanの新機能、日本語ライブ変換を試す

Japanese conversion software_a
Macの日本語入力ソフトは、長年にわたりことえりが使われてきた。
でもチョットおバカだったので、僕はずっとGoogle日本語入力を使っていた。

Yosemiteから別の日本語入力ソフトになったらしい(僕はYosemiteを飛ばしてEl Capitanのしたので、詳しいことは分からない…)んだけど、今回のEl Capitanには日本語入力ソフトに新しい機能、日本語ライブ変換ができたというので、さっそく使ってみた。

スポンサーリンク

日本語ライブ変換

Google日本語入力やATOKなど、ふつうの日本語入力ソフトは、文字を変換するのにスペースキーを使うんだけど、El Capitanの日本語ライブ変換にはその必要がない。

ただ、文章を続けて打っていれば、勝手に変換してくれる。
ひと手間、というより長い文章をつくる上では、何十、何百手間も省ける優れた機能だ。

こんな感じ。
Japanese conversion software_b
何も考えず続けて入力していれば、ほぼ的確に変換してくれている。
ただ、Macがマックになっていて、ハンバーガー屋さんみたいにになっている…
このあたりは修正することで記憶し、覚えて賢くなっていくらしい。

日本語ライブ変換の良い所

とにかく簡単

スペースキーを使う必要がなく、文章を続けて売っていくだけなので、楽で簡単だ。

意外と賢い

ことえりの時のような、素っ頓狂(?)な変換はなく、ほぼ確実に変換してくれる。
感覚的には、9割以上の確率かな…

日本語ライブ変換の気になる所

Macでしか使えない

Windowsにも似た機能はあるらしいんだけど、使いものにならないらしい。
今のところ、iOSでも使えない。

複数の端末を使っていると、同機能がないと使い分けがたいへんだ。

慣れが必要

今回このブログは、日本語ライブ変換を使って書いてるんだけど、長年のクセで反射的にスペースキーを使ってしまう。

まとめ

使いこなせば、とても便利な機能だ。
Macでしか文章をつくらない人は、練習して慣れればとても便利だと思う。

ただ先に述べたように、Macでしか使えないのと学習させる必要があるので、僕は使い慣れているGoogle日本語入力を使うかな…
僕が教えなくても、勝手に勉強して語彙を増やしてくれるしね。
iOS版のGoogle日本語入力出ないかな…

ちなみに、ライブ変換はオフにすることもできる。
[システム環境]>[キーボード]から[入力ソース]を選択し、[日本語]欄にある[ライブ変換]の前のを外す。
Japanese conversion software_c
これでスペースを使った変換ができる。


こちらの投稿もいかがですか
http://re-cyberrat.info/osx1011_elcapitan_2

スポンサーリンク
関連するコンテンツ