iPhoneでのプライバシー保護特化型ブラウザは白い火狐に任せろ! 「Firefox Focus」

Firefox Focus はトラッキング保護とコンテンツブロック機能を搭載してる、iPhoneやiPadなどiOS端末専用のウェブブラウザアプリだ。
閲覧履歴が残らないだけでなく、ユーザーの行動を追跡されることもないので、プライバシー(個人情報)を保護しながらインターネットを見ることができる。

広告も表示されることがなく、設定すればウェブフォントもブロックできるので、モバイルデータ量を抑えて高速ブラウジングすることも可能だ。

スポンサーリンク

Firefox Focusの使い方

使い方は簡単。
中央の検索エリアに、調べたい文言を入力するだけだ。

このブログを検索してみよう。

検索結果から必要なサイトを選択すると、すぐに表示される。

主な機能は2つのみ。

①の[消去]をタップすると、すべての検索・閲覧履歴が削除・消去される。

②の共有ボタンをタップすると、Firefoxや統合された別のブラウザアプリで表示することが可能。

Safariで表示してみた。

[その他]を選択すると、他のサービスアプリと連動することも可能。

Firefox Focusの設定

ホーム画面右上の[(歯車)]で各種設定ができる。

重要なのは、検索エンジンの選択。

GoogleやYahoo!など、メジャーな検索エンジンも選択できるが、よりプライバシーを強化するのであれば、個人情報を収集しないDuckDuckGoを選択しよう。

個人情報を収集しないDuckDuckGoを、Safariのディフォルト検索エンジンに設定する方法

その他、ブロックしたいものはオンにしておこう。
ウェブフォントをブロックすると、サイトレイアウトが崩れることがあるが、表示スピードが(若干?)上がる。

まとめ

ブラウザアプリとしてFirefox Focusは、決して使い勝手が良いとはいえない。
ブックマークもタブ機能もないからだ。

しかし、それだけにプライバシ保護機能においては、ほぼ完璧といって良いだろう。
右上の[消去]をタップするだけで、検索・閲覧の履歴はキレイサッパリ削除さる。
DuckDuckGoと併用すれば、iPhoneなどの端末にはもちろん、ウェブ上にもプライバシーが残ることがないはずだ。

ふだんは便利なSafariやChromeを利用し、プライバシー保護が必要な場合にはFirefox Focusという、使い分けが賢いモバイラーといえそうだ。

Firefox Focus: プライバシー保護ブラウザー – Mozilla

スポンサーリンク