世界最速は本当か!? 文字入力アプリ「Fleksy」を試す


2016年1月21日、文字入力スピードでギネス記録更新し、海外ではユーザー数が多いキーボードアプリ、Fleksyの日本語対応版をKDDIがGoogle Playストアで配信を開始した。

特筆すべきは、日本語対応版はQWERTYキーボードだけでなく、フリック入力にも対応しているところだ。

FleksyFleksy + GIF Keyboard
googleplay

スポンサーリンク

Fleksyの使い方

Fleksyの特徴は誤入力自動補正機能ジェスチャー操作 UIだ。

誤入力自動補正機能はユーザーの打ち間違いを予測し、正しい文言に修正してくれる機能、ジェスチャー操作 UIは日本語入力に適した使いやすい操作性だ。

誤入力自動補正機能

試しに「こんに“た”は」と、わざと間違えて入力してスワイプエリアを右にスワイプ。
Fleksy_a

「こんにちは」と変換された!
Fleksy_b

ジェスチャー操作 UI

誤入力自動補正機能に使った中央のエリア、た・な・はの横列がスワイプ用エリアだ。
通常はこの部分を右にスワイプし、文字変換を行う。
その時に入力ミスがある場合は、それを予測し、正しいと思われる文言に変換してくれる。

また、このエリアを左にスワイプすることで、変換した文言ごとに消去してくれる。

さらに、か・な・やの縦行エリアを下にスワイプすることで変換文言の選択、上にスワイプすることで訂正の取り消しなどができる(らしい…)。

まとめ

Fleksy日本語対応版は、Google日本語入力を含めた今までの日本語入力アプリとは少し違ったシステムを持っている。
特にジェスチャー操作 UIはスマートフォンのタッチパネルを活用した、画期的な機能なので個人的には好感が持てる。

ただ、リリースされたばかりということもあって、多少動作が不安定なところもあって反応が鈍い時もある。
特に僕が試したNexus5では、上下のスワイプがうまく反応しなかった。
Nexus5との相性が悪いのか、まだまだ実用的には“?”だけど、今後のバージョンアップに期待したい。

また現時点ではAndroid版だけで、iOS版がリリースされていない。
iOS版については“現在検討中”ということだ…


FleksyFleksy + GIF Keyboard
googleplay



こちらの投稿もいかがですか
http://re-cyberrat.info/google_japanese_input

スポンサーリンク
関連するコンテンツ