FREETEL「SAMURAI REI」は日本スマートフォンの救世主になるのか!?

samurai-rei
FREETEL(プラスワン・マーケティング)は、新型スマートフォン「SAMURAI REI」を発表した。
日本では2016年5月27日発売で、価格は価格29,900円(税抜)。
5月20日に予約を開始するという。

スポンサーリンク

SAMURAI REIスペック

    OS:Android 6.0 Marshmallow
    CPU:MediaTek MT6753(Coratex-A53)Octa-core 1.3GHz
    RAM:2GB
    ROM:32GB
    ディスプレイ:5.2インチ IPS 1920×1080 フルHD
    背面カメラ:1300万画素 LEDフラッシュ付き
    前面カメラ:800万画素
    バッテリー:2800mAh
    サイズ:145.8×71.5×7.2mm
    重さ:136g

simフリーでデュアルsim対応(国内では1回線のみ使用可)、外部メディアも120GBまでのmicro SDカードが利用可能だ。

UIは、片手で操作しやすい独自の「FREETEL UI」を採用し、ホームボタンは指紋センサーを搭載しているだけでなく、ホーム・アプリ一覧・戻る・検索と5つの機能を兼ね備えている。

筐体は金属製でダイヤモンドエッジカットで高級感がある。
上下にアンテナ用のラインがあるところは、iPhone 6/6sを思わせる。
カラーはメタルブラック・メタルシルバー・シャンパンゴールド・ピンクゴールド・スカイブルーの5色。

第2四半期中に、米国などでグローバル販売を予定しているという。

私的所見

画像で見る限り、とても美しいスマートフォンだ。
奇をてらわない、シンプルなデザインも好感が持てる。
純正で専用のカバーやバンパーなども用意されているので、カスタマイズ性も高そうだ。

ただ、最近のiOS端末のように背面カメラが出っ張って見えるのが気になる。
そこまでiPhoneのデザインを継承する必要はなかったのではないか…

スペック的にはふだん使いとして充分だし、価格を考えるとコストパフォマンスは高い。
メイン端末としても使用できそうだ。

まとめ

本来、日本が得意ジャンルとしているはずのスマートフォン市場は、AppleとSAMSUNGにイニシアチブを譲り、中低価格帯も中国や台湾のメーカーが席巻している。
PanasonicやNECは(国内)市場から撤退し、SONYやSHARPなど残されたメーカーが細々と続けているのが現状だ。

そんな中、FREETELのような中小メーカーが元気なのは、ガジェット好きとしてはうれしいことだ。
ほんとうに市場を理解して、適切な価格で適切な端末を提案できるのは、このような小回りがきくメーカーなのだろう。

巨大化しすぎて動きが鈍くなり滅んでいった恐竜の足元で、ちょこちょこと動き回っていた小型の哺乳類が、次の地上の支配者となる未来はもうそこまで来ているのかもしれない(そうだとイイね…)。

スポンサーリンク
関連するコンテンツ