お腹が苦しい人も大丈夫!? 身体にフィットする伸縮ベルト 「GEVAERT GIストレッチベルト」


以前ご紹介したJ.S.D.F 作業・戦闘服用ウエストベルト。
ふだん使いはもちろん、海外旅行にもオススメ! J.S.D.F 作業・戦闘服用ウエストベルト
多くの方はジーンズなどを履く時、ベルトをしていると思う。 僕もベルトは好きで、昔はけっこうイキったベルトをしていたんだけど、今はほとん...
ほぼ毎日着用して、まもなく5年になるんだけど、いまだに壊れるどころか傷んだ様子もなく、買った時の状態そのままだ。
さすがの作業・戦闘服用、安心の10年間保障だ。

ただ、頑丈すぎてお腹が苦しい、きつく感じるという人もいるみたいだ。
そんな人に最適なベルトがあった。

GEVAERT GIストレッチベルトだ。

スポンサーリンク

GEVAERT GIストレッチベルト

GEVAERT(ゲバルト)は、ベルギーの織物メーカー。
色鮮やかな生地を使ったリングベルト*1が有名だ。
創業が1899年というから、100年以上続いている老舗ブランドでもある。

GEVAERT GIストレッチベルトの特徴は、なんといってもベルト部分の伸縮性。
GEVAERTのエラストディンを配合した混合生地を使用していて、約20cmも伸びるという。
ベルトの幅は3.5cm、長さは115cmだ。

バックルは、自衛隊員に支持されている軽くて丈夫なYKK製のポリアセタール素材というから、J.S.D.F 作業・戦闘服用ウエストベルトと同じものじゃないかな。

これも金属部品を使っていないから、空港のゲートで金属探知機に引っかかることがないし、金属アレルギーの人も安心だ。

ブランドはベルギーだけど、日本国内の工場で作られた、信頼と実績のMade in Japanだ。

まとめ

頑丈すぎるベルトは、移動などで長時間座っているとお腹に喰い込んで苦しい時がある。
国際線の機内など、10時間単位で座り続けている時などは、なおさらだ。

そんな時、GEVAERT GIストレッチベルトは最適かも…
ブラックなどを選べば、スーツのパンツにも使えるしね。

しっかりした方が好みな人も、2種類のベルトを時と場合で使い分けるのがイイかも知れないね。

リングベルト*1 バックルがO型やD型のリングが2個付いたベルト。デザイン性とともに、バックルがシンプルなので壊れにくいのも特徴。

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ