メガネ vs コンタクトレンズ それぞれのメリット・デメリットを検証する

IMG_2503
僕は“ド”がつくくらいの近眼だ。
だから、視力矯正器具は必需品だ。

僕は自宅ではメガネを、外出先ではコンタクトレンズを使っているんだけど、それぞれにメリット・デメリットがある。

スポンサーリンク

メガネのメリット・デメリット

【メリット】

  • 眼に負担がかからない
  • 手入れが簡単

【デメリット】

  • 強度の近視には向かない
  • 左右の視力に極端な差がある人には向かない

メガネの良さは、何といっても手軽さだ。
基本的にコンタクトレンズのような、手入れは必要がない。
汚れたら拭くくらいだ。
汚れがひどい時は、食器用洗剤などを使って水洗いする。

また、眼に対する負担はほぼないけど、顔に異物を着けていることで肩が凝ったりする人はいるみたいだ。

コンタクトレンズのメリット・デメリット

【メリット】

  • 強度の近視・乱視の矯正が可能
  • 極端な左右差視力の矯正が可能
  • ビジュアルに変化がない

【デメリット】

  • 眼に負担がかかる
  • 手入れが必要
  • ケア品が必要
  • 慣れが必要

コンタクトレンズの良いところは、ビジュアルに変化がないところ。
最近は伊達メガネも一般化しているんで、それほど気にならないかも知れないけど、急にメガネをかけると、やっぱり目立つからね。

また、現在主流の使い捨てのコンタクトレンズを使う場合は、買い替え続ける必要がある。
さらに定期的に眼科医の診断を受けなければならないので、購入して度数が合わなくなったり、壊れたりするまで使い続けられるメガネより、経費と手間がかかることになる。

まとめ

当然、それぞれにメリット・デメリットがある。
それぞれの特性を把握して、自分に合った使い方をするのがベストだろう。

最近はレーシック*1もふつうに行われているけど、僕は怖いのでやるつもりはない…
コンタクトレンズは度数とサイズが分かれば、Amazonでも買えるしね…

レーシック*1 角膜屈折矯正手術。角膜にレーザーを照射して曲率を変え、視力を強制する。


こちらの投稿もいかがですか
http://re-cyberrat.info/jins_pc_150626

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ