Googleの新型スマートフォン「Pixel」爆誕!!

google-pixel
2016年10月4日(現地時間)、Googleの新製品発表会が開催された。

sankouNexusからPixelへ!? 「Oct. 4 – Google」Google新製品発表会開催

発表されたのは、Nexusからはネーミングが変更された「Pixel」と「Pixel XL」のスマートフォン2機種とPixel専用のVRヘッドセット「Daydream View」、Chromecastの強化後継機「Chromecast Ultra」、Wi-Fiアクセスポイントの「Google Wifi」、ホームアシスタントの「Google Home」と盛りだくさんだった。

僕たちがもっとも気になる(?)、新型スマートフォンPixelシリーズを確認してみよう。

スポンサーリンク

Pixelスペック

Pixel

    OS:Android 7.1 Nougat
    CPU:Qualcomm Snapdragon 821 Quad-core
    RAM:4GB
    ROM:32GB/128GB
    ディスプレイ:5インチ 1920×1080 フルHD(441ppi)
    バッテリー:2770mAh
    アウトカメラ:1200万画素
    インカメラ:800万画素
    サイズ:143.8×69.5×8.6mm 143g
    カラー:クエイトブラック/レアリィブルー/ベリーシルバー

Pixel XL

    OS:Android 7.1 Nougat
    CPU:Qualcomm Snapdragon 821 Quad-core
    RAM:4GB
    ROM:32GB/128GB
    ディスプレイ:5.5インチ 2560×1440 WQHD(534ppi)
    バッテリー:3450mAh
    アウトカメラ:1200万画素
    インカメラ:800万画素
    サイズ:154.7×75.7×8.6mm 168g
    カラー:クエイトブラック/レアリィブルー/ベリーシルバー

発表会では特に言及されなかったようだが、両機ともHTCが開発・製造しているようだ。
同メーカーの製品ということもあって、最近のiPhoneシリーズの無記名とPlusのようにデザインや機能の共通性がある。

充電用の外部端子はUSB Type-Cで、バッテリーは15分の充電で7時間使用可能という。
3.5mmオーディオジャックも備えている。

アウトカメラには光学手ブレ補正に対応したソニー製センサーを搭載し、iPhone 7シリーズより評価は高いようだ。
4K動画の撮影にも対応している。

ただ、両機ともmicroSDカードなどの外部ストレージに対応しなかったのは残念。
また非防水なのも、文字どおりiPhone 7に水をあけられた感じだ。

Google Assistant搭載

Pixelシリーズの目玉は、なんといってもGoogle製AI(人工知能)「Google Assistant」を搭載していることだ。

Google AssistantはAndroid用のパーソナルアシスタント、Google Nowを強化・拡張したもので、Googleが開発したAIとPixelを通じて会話することで、アプリの起動や操作、文字入力などを行うことができる。

特にGoogleのビッグデータを利用した検索機能は、Google Assistantの大きな武器となることは間違いない。

まとめ

iPhone 7に続いてPixelシリーズもほぼリークどおりだったが、実機を手にしてみないと分からないものの、筐体は今までのNexusシリーズより高級感がありそう。

デザイン的にはiPhoneに似ているという意見もあるが、機能にしろデザインにしろ、突き詰めると似かよってしまうのは致し方ないところだろう。

Android端末としては嫌いなデザインではないので、ぜひ実物を見てみたい。
Nexus 5はNougatをサポートしなくなったし、そろそろ性能的にも限界だからね…

一時はAppleとAmazonだけで充分だと思ったけど、やっぱ気になるな…

sankouFire HD 8が優秀すぎて、もうガジェットはAmazonとAppleで充分なのかもしれない…

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ