Android 6.0 MarshmallowのDozeモードをさらに強化しバッテリーを節約する! Greenifyの使い方

GreenifyAndroid 6.0 Marshmallowから、実装されたDozeモード。

Androidの公式サイトの説明では、
“端末で操作が行われない状態が続くと、Dozeによって自動的にスリープ状態になります。夜に端末の充電を忘れてしまった場合でも、翌朝アラームを鳴らすことができます。”
となっている。

ここで重要なのが“操作が行われない状態が続く”という部分。
画面をオフにしたら、すぐにスリープするわけではなく、しばらくは起動が続くということだ。

オフにしたら、必要ないアプリはすぐに休止して欲しい。
そうすることで、さらに駆動時間が伸びるはずだ。

というわけで「Greenify」を使ってみることにした。

スポンサーリンク

Greenifyとは

Androidアプリを自動停止させることで、バッテリーの消費を削減する節電アプリ。

休止状態は端末を起動しても、アプリ自体を起動するまで続く。
休止したアプリは、通常どおり起動することが可能で、次に画面をオフにすれば自動的に再び休止する。

GreenifyGreenify
googleplay

Greenifyの使い方

起動し、右上の[+]をタップ。
Greenify_a

“バックグラウンドで動作しているアプリ”と“端末の動作を遅くさせる可能性があるアプリ”が表示される。
すべての休止できるアプリを表示するには[▽]をタップ。
Greenify_b

右横に表示されているGCM(Google Cloud Messaging)マークは、プッシュ通知機能があるアプリだ。
Greenify_c
プッシュ機能をオフにしたくない場合は、このマークのアプリは休止しないようにしよう。

休止させたいアプリ(ES File Explorer)を長押で選択し、右下の[✔]をタップ。
Greenify_d

休止アプリのエリアに登録され、次に画面をオフにした時に休止する。
Greenify_e
右下の[Zzz]をクリックすれば、画面オフにしなくても、すぐに休止できる。

まとめ

以前はroot化しなければ使えなかったGreenify。
v2.0にアップデートされてから、ほとんどの機能をroot不要で使えるようになった。

さらにv2.8で画面をオフにするとすぐにDozeモードになる「Aggressive Doze」機能が実装されたので、Android 6.0 Marshmallowとのコンビネーションは最強といえるだろう。

ただし注意しなければならないのは、アラームやウィジェットアプリ、メールやLINEなどのプッシュ機能を持ったメッセージアプリなどを休止してしまうと、スリープ時に機能しなくなる。
休止させるアプリは、充分考えて設定することが必要だ。

GreenifyGreenify
googleplay

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ