GUのストレッチコットンクライミングパンツは、GRAMICCI NNパンツの代替品になるのか!?

GRAMICCI NNパンツを絶賛愛用中だ。

ふだん着に最適!! GRAMICCI NNパンツの特徴を徹底分析!

最初は頼りなく思えたストレッチ素材も、実際に穿いてみると想像以上に快適であることが分かった。
ウエストベルトもアタッチメントで開閉でき、本来のクライミングパンツにはない前ジッパーがあるので、トイレで困ることもない。
電車や飛行機で長時間の移動がある時、これ以上最適なパンツはないだろう。

というわけで、洗濯替え用にもう1本購入することにした。
同じGRAMICCIでも良いのだが、以前ユニクロで同様のパンツを販売していた記憶があるので調べてみた。
残念ながら今季のユニクロでは販売されていなかったが、姉妹店(?)のGUにはあった。

スポンサーリンク

GU未体験

ユニクロは、すでに僕のファッションのマストブランドになりつつあるが、実はGUでは一度も購入したことがない。
カジュアル色が強く、若い人向けのイメージがあるからだ。

実際に調べてみると、デザインやサイジングがオーソドックスで、老若男女年齢性別に関わらず幅広い層をターゲットにしているユニクロに対し、GUは10歳代後半から30歳代前半の特に女性を中心ターゲットにしているらしい。

もちろんメンズ商品もあるが、(僕は入ったことがないが)売り場はレディースコーナーが多く占めているという。
ユニクロもGUも、同じファーストリテイリングを親会社にしているので、そのあたりで差別化を図っているのだろう。

僕が今まで手を出せていなかった理由は、そんなところにありそうだ。

GU ストレッチコットンクライミングパンツ

GUの公式オンラインショップでディテールを見てみると、GRAMICCI NNパンツを意識していることが想像できる。

素材はコットン98%・ポリウレタン2%で同じ。
ウエストベルトもアタッチメントで開閉でき、前ジッパーがあるのも同じだ。
クライミングパンツの特徴のひとつ、両足を開きやすくするガゼットクロッチも再現されている。
余ったベルトを留めるベルトループまで付いているので、ディテールはほぼ完璧といえそうだ。

シルエットも “腰まわりからヒップにかけてすっきりしたテーパード” と記載されているから、NNパンツに準じていると想像できる。

唯一バックポケットが、NNパンツはベルクロ(マジックテープ)でフタをするのに対し、GUクライミングパンツは逆玉縁ポケットになっている。
どちらが便利かは、実際使ってみなければ分からないが、おそらくふだん使いでは大差ないだろう。

まとめ

オンラインショップを見る限り、とても良くできたクライミングパンツだ。
あとは縫製や生地感は実物を見てみなければ分からない。
時間をつくって、一度実店舗に行ってみよう。

シルエットが良ければ2〜3本購入して、ショートパンツやクロップドパンツにカスタムしても良いかもしれない。

特にGRAMICCIというブランドにこだわりがあるわけではないので、これで充分だろう。
高城剛氏が愛用しているイージーパンツも、ターミナルのショップでみつけたものだというしね…

スポンサーリンク