今年もこの季節がやってきた! ギョサンは高城剛氏も愛用中

gyosan_150516_a
めでたく2014夏のMVPに輝いた「ギョサン」
今年は暑くなるのが早く、すでにコイツの季節がやってきた。
http://re-cyberrat.info/post-4993

スポンサーリンク

ギョサンは完成された履物だ!

約半年ぶりに履いてみると、あらためて頑丈な造りに感心する。
一体成型の鼻緒が足をしっかりホールドしてくれて、足の裏と靴底のフィット感も絶妙だ。
ふつうのビーサンにありがちな頼りなさが微塵もない。

それでいて、当然風通しも良く蒸れない。
汚れたら足ごと水洗いできる。

ホント、夏の履物として完璧じゃないかな。

サイズも豊富でレディースやキッズまである。
値段も1.000円前後で、ふつうに履くぶんには2〜3年は平気で持ちそうだ。
履き潰したら、また買い直せばイイしね。

カラーバリエーションも多いから、色違いで履き替えるのもアリかも知れない。

ギョサンは高城剛氏も愛用している

僕が毎週楽しみにしている高城剛氏のメルマガ、高城未来研究所『Future Report』。

読者の質問に高城氏自身が答える、Q&Aコーナーが特に好きだ。
回答で高城氏の考え方はもちろん、ガジェットやファッションなどの愛用品も知ることができる。

そんな中で、高城氏がギョサンを愛用していることが分かった。

▽Q.1▼▽
Lifepackingの続刊を執筆中と知りで大変嬉しく思っています。が発売はまだまだ先のようで待ち切れない気持ちです。ですので、18リットルのバックパックに入っている荷物を少しずつでも構いませんので、紹介して頂けないでしょうか?

【 A 】
18リットルのバックパックだけで世界一周しているとお話ししますと、経験者の方々は驚き、さらにこの小さなバックパックに、カメラ4台と交換レンズ4本持っているというともっと驚くわけですが、さすがにこれらは仕事道具なので置いていくわけにはいきません。しかも、この時期北半球は冬で南半球は夏ですので、冬服(ダウンとウインドシェル)と海パン複数枚の両季節の用意が必要となります。夏の旅行で撮影仕事がないのでしたら、おそらく10リットル以下のカバンに自炊道具も同梱して世界一周に臨めるでしょう。て、今週は南半球、真夏のブラジルにおりまして、靴を履かない生活を続けています。先日、長年愛用していましたサンダルが壊れ、スキューバのインストラクターから漁師の友人まで幅広く聞いて入手したサンダルが、通称「ギョサン」と呼ばれる「パールサンダル」で、今週はそれを持ち込んでいます。ブラジルのサンダルといえば、いまや世界的なメーカーにまでなった「ハワイアナス」ですが、この隠れたメイドインジャパンの逸品である「ギョサン」は、実に履きやすいサンダルだと思います。少し厚みがあるのが難点ですが、それに引き換えてもプロの皆さんが「一度履いたらやめられない」というのも納得です。もともとダサいオヤジ色しかなかったそうですが、ここ5、6年で人気が出てカラーバリエーションも豊富になりました。まだまだ日本の夏には早いと思いますが、機会ありましたら是非お試しください。

【高城未来研究所『Future Report』 Vol.187】より


考えて見れば僕がギョサンを知ったのも、これだったかも…

▽Q.6▼▽
ご著書はこれまで拝読させて頂いていたのですが、先日の黒本がとても面白く、本日よりメルマガに登録させて頂いた者です。シューズに関してお伺いさせて頂きたいことが御座いましてメールさせて頂きました。先日のブログに「観光&ラン」に凝っているというポストがございましたが、ランニングにはどのようなシューズを使用されていますか?またランニングシューズに求めるものはなにかありますか?旅向けのシューズを作れるとしたらどのような物を作りますか?スニーカーコレクターだったとご著書で触れられておりましたが、好きなアイテムはどのようなものでしたでしょうか?スニーカーコレクションの中から持ち物処分の際に生き残ったアイテム等はございますか?先日パリ→ニューヨーク→LA→サンフランシスコを2週間で廻るという出張があり、シューズの選択にとても迷いました。暑い所でも寒い所でも大丈夫で、どんな服装にも合い、沢山歩いても疲れないシューズがあれば良いのにと夢みたいなことを考えておりますが、もし高城さんが理想と考えるシューズがとても興味があります。以上、宜しくお願い申し上げます。

【 A 】
ジョギングのために日本人の足にあうのはアシックスだと思います。この考えは、いまも昔も変わらないのですが(日本人選手のほとんどがアシックスを履いている事からもわかるように)、ここ一年ほど浮気!? しているのは、アディダス「エナジーブースト」です。クッションと反発という相容れない両者を取り入れる事に成功した「エナジーブースト」は、独特の履き心地があり、正直少しクセになっています。また、旅行に持って行くのにも、携帯性がアシックスよりは良いと思います(Nike Freeほどではありませんが)。ちなみに、過去所有していたスニーカーコレクションのなかで、いまでも倉庫にあるのは自分がCMに出ていたNikeのAirMAX2だけです。一足なのに、二足に分解できるのが気に入ってまして(スニーカーのなかに別の靴が入っているのです!)、本来ならこのアイデアこそ旅行に最適です。ですので、このアイデアを元にご質問にあります「暑い所でも寒い所でも大丈夫で、どんな服装にも合い、沢山歩いても疲れないシューズ」を、どこかのメーカー作ってもらいたいとずっと心待ちにしています。また、最近の普段履きはコールハーンを履いています。ジョギングを除くあらゆる服装にあい、暑さと寒さに強いシューズです。特にスニーカー技術を用いた軽いソールとウォータープルーフが気に入ってまして、なぜか小さなサイズが日本にありませんので(販売していませんので)、米国で購入しています。ちなみにサンダルは、日本人ならば「パール」(通称:便所サンダル、ギョサン)だと思い
ますよ!

【高城未来研究所『Future Report』 Vol.143】より


もしかしたら「LIFE PACKING」の続編で、ギョサンが紹介されるかも知れないね。

ちなみに、このQ&Aコーナーは、まとめられてKindle化されている。
とてもためになるし楽しいので、気になる方はぜひ!

まとめ

前シーズン履きこんで、すっかり馴染んだはずだったんだけど、指の股が擦り切れてヒリヒリしている。
冬の間に足のほうがヤワになってしまったようだ。

しばらく履いていれば、すぐに慣れるだろうけど…
それまではオロナインのお世話になることにする。

毛穴パックにも使える! 最強万能常備薬オロナインH軟膏
僕の鞄に常に入っているもののひとつに、オロナインH軟膏がある。 子供の頃から、チョットしたケガやデキモノには、何でも塗っていたような気...
それにしても、やっぱギョサンってイイな。
高城氏は少し厚みがあるのが難点、と言っていたけど、僕はこの厚みのおかげでビーサンのくせに、いくら歩いても疲れないんだと思う。
そういう意味でギョサンは、ワークシューズだけではなくウオーキングシューズなのかも知れないね。


こちらの投稿もいかがですか

ミニマリストを目指している僕が影響を受けた3人 高城剛・安藤美冬・浜田ブリトニー
高城剛から持ち物を学ぶ 僕らの年代にとって高城剛は、変な帽子にショートパンツ、スニーカーを履いて、メンズ雑誌で新しいモノを紹介するトッ...
http://re-cyberrat.info/post-4284

スポンサーリンク
関連するコンテンツ