村上春樹の短編集が、続々とKindle化!

少し前に、初期3部作がKindle化された村上春樹作品。

sankouついに悲願が叶う! 村上春樹 初期3部作「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」がKindle化に!

さらに文春文庫の短編集がKindle化された。

スポンサーリンク

パン屋再襲撃

収録作品

  • パン屋再襲撃
  • 象の消滅
  • ファミリー・アフェア
  • 双子と沈んだ大陸
  • ローマ帝国の崩壊・一八八一年のインディアン蜂起・
    ヒットラーのポーランド侵入・そして強風世界
  • ねじまき鳥と火曜日の女たち

1986年4月出版で、短編集としては5冊目。
長編でいうと「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」と「ノルウェイの森」の間に出版されている。

注目は「ねじまき鳥と火曜日の女たち」。
タイトルからも分かるように、後に3部作の大長編「ねじまき鳥クロニクル」の原型になった短編だ。
これを読むだけでも値打ちがあるぞ!

TVピープル

収録作品

  • TVピープル
  • 飛行機―あるいは彼はいかにして詩を
    読むようにひとりごとを言ったか
  • 我らの時代のフォークロア―高度資本主義前史
  • 加納クレタ
  • ゾンビ
  • 眠り

1990年1月出版で、「パン屋再襲撃」に続く6冊目の短編集。
「ダンス・ダンス・ダンス」と「国境の南、太陽の西」の間に出版されている。

すべての作品は、村上春樹がヨーロッパ長期滞在中に執筆されている。

表題作の「TVピープル」は、「1Q84」に登場するリトル・ピープルの原型になったのでは、という噂もある。

レキシントンの幽霊

収録作品

  • レキシントンの幽霊
  • 緑色の獣
  • 沈黙
  • 氷男
  • トニー滝谷
  • 七番目の男
  • めくらやなぎと、眠る女

1996年11月出版で、「TVピープル」に続く7冊目の短編集。
「ねじまき鳥クロニクル」と「スプートニクの恋人」の間に出版されている。

「めくらやなぎと、眠る女」は、短編集「螢・納屋を焼く・その他の短編」(未Kindle化)に収録されている「めくらやなぎと眠る女」の一部を修正し、改題したもの。
読み比べてみるのも面白いかもしれない。

女のいない男たち

収録作品

  • ドライブ・マイ・カー
  • イエスタデイ
  • 独立器官
  • シェエラザード
  • 木野
  • 女のいない男たち

2014年4月出版の最新短編集。
最新長編の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」の後に出版されている(いずれも2016/10現在)。

著書に“まえがき”や“あとがき”をほとんど書くことがない村上春樹には珍しく、少し長めの“まえがき”がある。

まとめ

村上春樹というと長編作家、特に最近は2〜3巻と続く長い作品のイメージが強いが、短編集も面白いものが多い。

今回紹介した短編集は、どれも読んで損がないものばかりだけど、個人的には「パン屋再襲撃」をオススメしたい。
最近の落ち着いた春樹節(?)もイイんだけど、若い村上春樹のウイットに富んだ文体は今読んでも新鮮だ。

やっぱり僕は、初期の作品が好きなのかな…

それにしても村上春樹の作品がKindleで読めるなんて、良い時代になったものだ…

[文中敬称略]

スポンサーリンク