本革モデル登場! ひらくPCバッグ Leather Edition&ひらくPCバッグ mini Leather Edition

hiraku_pc_bag_leather-edition_a
先日、miniが発売されて予想どおり一瞬で完売し、さらにその後も予約で完売してしまうほど、相変わらず人気のひらくPCバッグ。
そんなひらくPCバッグの特別限定モデルのLeather Editionが発売された。

デザインはスタンダードモデルそのままで、ひらくPCバッグ Leather EditionひらくPCバッグ mini Leather Editionの2型。
カラーは両型とも、ブラックレザーグレーレザー×ボルドーファスナーグレーレザー×ネイビーファスナーの3色。

スポンサーリンク

なぜLeather Editionが発売されたのか?

激売れしてるんで、調子に乗って高級モデルを造ったのか?と思ったら、そうではないようだ。
工場がスタンダードモデルに使われているジッパーの持ち手の革を、日本と現地の使用単位の違いから10倍発注してしまい、その革を使い切るために今回のLeather Editionが企画されたという。

限定品で低価格

したがって使える革に限界があるため、今回限りの限定商品だ。
しかも、発注ミスしたペナルティ(?)ということで、工場の利益は計上されないので品質の割に低価格だという。

確かに、ジッパーの持ち手は力がかかり使用頻度も高いので、通常は耐久性の高い良い革を使う。
そんな革で造ったバッグだから、コストパフォーマンスは高いはずだ。

しかし欠点もないわけではない

高級感もあり耐久性も高く、使えば使うほど味が増す革製のバッグも、欠点がないわけではない。
ある意味、モバイルバッグとしては致命的な“重さ”だ。

実際、ひらくPCバッグで260g、miniで230gのスタンダードモデルとの重量差があるという。
この重量差をどう見るかがLeather Editionとスタンダードモデル、どちらを選ぶかの基準になるだろう(もちろん価格差もあるけど…)。

まとめ

実際に何個作られているのか分からないけど、おそらくこれも2〜3日中には完売するだろう。
しかもワケありの限定発売ということなので、再販されることはないだろうし、万が一再販されてもこの価格ではムリなはずだ。
なので、気になる人はお早めに。

ただ、やっぱり重さが気になるね…
僕はまた見送りかな…

ひらくPCバッグ Leather Edition

ひらくPCバッグ mini Leather Edition

スポンサーリンク
関連するコンテンツ