スクリーンショットを消音できる神アップデート! iOS10.2をiPad mini 2で試す

ios10-2β版ではスクリーンショットが消音できると評判になっていたiOS10.2。
最後の方は2〜4日間隔でβ版が更新されていたので、どうなることかと思っていたら、本日(2016/12/13 日本時間)無事に正規版がリリースされた。

β版同様、ミュート状態でスクリーンショットが消音されているようだ。
さっそくiPad mini 2で確認してみた。

スポンサーリンク

iOS10.2更新内容

スクリーンショットの消音化以外にも、各種アップデートがされている。

細部に至るまで美しく見えるようデザインを変更され、100個以上の新しい文字を追加された絵文字や、Live Photosの安定性を改善し、より高速なフレームレートを実現した写真なども追加・更新されている。

また、TVアプリの追加やNewsなど、日本では始まっていないサービスのアップデートもある。

さらに、ロック画面からパスコードやTouch IDを介さずに、連絡先や写真にアクセスできる脆弱性も修正されている。

機能的にもセキュリティ的にも、iOS10ユーザーはアップデートしない理由はないだろう。

iPad mini 2をiOS10.2にアップデート

今回も新機能追加ということなので、iTunesでバックアップをとりiOS10.2をクリーンインストールした上で復元した。
同じiOS10だからか、10.1から10.2にアップデートしたことで、動作が鈍いなどの不具合はなさそうだ。

iPad mini 2をミュートにすると、たしかにスクリーンショット時のシャッター音が消えている!
カメラのシャッター音も、いくぶん小さくなっているようだ。

素晴らしい!
もっと早くやって欲しかったな…

まとめ

この調子で、カメラのシャッター音もミュートできるようにして欲しい。

「自主規制」というが、この場合の「自主」とは誰のことなのだろうか。
スクリーンショットが消音化できて、消音カメラアプリがふつうに利用できる現状で、この「自主規制」に果たして意味はあるのだろうか。
盗撮予防というなら、すでに意味をなしていないが、結果的に盗撮が増えているというニュースは聞かない。

どこかのキャリアが、シャッター音をミュートできるiPhoneを発売したら、乗り換える人も少なくないんじゃない、と思うのは僕だけか…

スポンサーリンク
関連コンテンツ