iOS10で消えたGame Centerアプリの使い方

iOS4からプリインストールされたGame Centerアプリ。
これをきっかけに、携帯ゲーム機の主流は専用端末から、スマートフォンに移行したといって良いだろう。

そんなGame Centerアプリが、iOS10から消えている。
使えなくなったのだろうか…
連動していたデータは消えたしまったのだろうか…

そんなことはなく、アイコンが消えただけで、機能はしっかり残っている。

スポンサーリンク

Game Centerは設定から

[設定]を開くと[Game Center]の項目がある。

ここから各種設定ができる。

僕は今Game Centerの対象となるゲームをインストールしていないので、表示されているのはApple IDとプロフィールだけだ。
Apple IDでのログイン/ログアウト、プロフィールの変更などを項目をタップして行う。

ゲームをインストールしていれば、[参加依頼を受け付ける]や[近くのプレイヤー]のオンオフもできる。
[連絡先]や[Facebook]に接続して、友だちのオススメを見ることも可能。

まとめ

なくなって改めて、Game Centerはアプリである必要がなく、設定の一項目で充分なことが分かる。
iOS10で一部のプリインストールアプリが削除できるようになったが、“ヘルスケア” や “iPhoneを探す” など、削除できないアプリもある。
“ヘルスケア” は使っていない人も多いだろうし(たぶん…)、 “iPhoneを探す” はGameCenterのように設定からアクセスしても良さそうな機能だ。

このへんのアプリも消えれば、ホーム画面がもっとスッキリするんだけど…

スポンサーリンク