iPhone 5sとiPad mini 2は、これからもiOS9.3.3で使う(予定)

iOS9.3.3
2016年7月19日、iOS9.3.3がリリースされた。

iOS9シリーズは、メモアプリが強化されたり、iPadではマルチタスク機能が追加されたり、とても進化した革新的なiOSといって良いだろう。
http://re-cyberrat.info/ios9matome

iOS10でもマップやメッセージの強化が予告されている。
中でも不必要なプリインストールアプリを非表示にできる機能はとても魅力的だ。
幸い、僕が愛用している旧い(?)iPhone 5sやiPad mini 2も、iOS10のサポート対象になっている。

しかし僕は、この2機種に関しては、これからもiOS9.3.3で使っていこうと思う。
なぜか?

スポンサーリンク

9.3.3はiOS9シリーズの完成形!

来月(9月)に予想されている次期新型iPhoneの発表と同時に、iOS10がリリースされるだろうから、おそらく9.3.3がiOS9シリーズとしては最終形になるはずだ。
つまり9.3.3がiOS9シリーズの完成形になる。

僕が今まで一番感動したiOS9シリーズの完成形、9.3.3を末永く使っていきたい。

iOS10は重い!?

サポート対象になっているとはいえ、A7チップを積んだiPhone 5sやiPad mini 2には、新機能を満載したiOS10は負担が大きいことが予想できる。

新機能は魅力的ではあるけど、それで反応が鈍くなったり挙動が遅れたりすると、ふだん使いにストレスを感じる。
幸いiOS9.3.3はスムーズに動作してくれている。

iPhone 5sやiPad mini 2には、このあたりが限界かもしれない…

いつでも脱獄可能!!

僕はiOS7以降、脱獄(Jailbreak)をやめている。
その必要がなくなったからだ。

僕が脱獄をやめた理由
脱獄とは 脱獄(Jailbreak)は、主にiOSにApple認可外のアプリをインストール可能にする行為。 本来iOSにはApp...
これからも(今のところは)脱獄するつもりはない。

とはいえ、いつでも脱獄できる状況は残しておきたいとも思っている。
将来的に何らかの理由で、Appleの呪縛から逃れたい、と思う日が来るかもしれない。

現時点で9.3.3は脱獄できる最後のiOSだ。

【追記】

先日iOS9.3.4がリリースされた。
アップデートの内容は“重要なセキュリティの問題を修正・改善”となっている。
タイミング的に、リリース直前に発表された脱獄アプリが使用しているセキュリティーホールを塞ぎ、脱獄を不可能にしたことが容易に想像できる。
それ以外は9.3.3と同等と考えて良いだろう。

まとめ

iOS10がリリースされると、いずれiOS9シリーズの最終バージョンである9.3.3(9.3.4?)も、復元・再インストールできなくなる。

iPhoneなどApple製品の良い点は、旧型の端末でも長くOSのサポートを続けてくれるところだ。
しかし中には、非力な旧型iPhoneをそれに適した旧型iOSで使い続けたい人も少なくないだろう。
様々なセキュリティ上の問題もあるだろうが、せめて各iOSの最終バージョンのSHSH*1は残して、いつでも旧iOSで復元・再インストールできるようにして欲しい、と思うのは僕だけなのだろうか…

★ ★ ★

とはいえ、iPhone 5sでもiOS10が快適に動く! と話題になれば、アップデートするかもしれないけど…

SHSH*1Signature Hash。iOSを復元する場合の証明書のようなもので、端末IDとiOSバージョンが適合しないと復元・再インストールできない。SHSHはAppleが発行し、基本的に最新iOS分しか発行しない。したがって各端末における最新iOSにしか、復元・再インストールできなくなっている。

スポンサーリンク
関連するコンテンツ