iOS9で秘かに追加された2つのセキュリティー強化機能

DirectPS-11
iOS9の新機能といえばメモキーボード低電力モードなどが取り上げられていることが多い(iPadならマルチタスキングなども…)。

実はセキュリティー面も、秘かに強化されている。

iOS9新機能まとめ

スポンサーリンク

自動ロックの最短時間が1分から30秒に

iPhone(iPad)は、一定時間操作をしないとロックが掛かかる。

iOS8までは、自動ロックまでの時間を1分から5分まで設定することができた。
Automatic locking_a

それがiOS9からは、最短で30秒の設定ができるようになった。
Automatic locking_b

リアルタイムでメールやLINEのやり取りをしている場合、返信するたびにパスワードを入力し起動するのは非常に不便なので、僕は3分に設定していた。
しかしiPhone5s以降はTouchIDで起動できるようになったので、起動の不便さは大幅に改善された。

自動ロックまでの時間は、短ければ短いほどセキュリティーレベルがあがるだけでなく、バッテリーの節約にもなる。
僕もiOS9からは30秒にしている。

設定は[設定]>[一般]>[自動ロック]から。

Siriの音声登録

Hey Siri
iOS9で「Hey Siri」を使う場合、音声登録が必要になった。

設定は[設定]>[一般]>[Siri]>[“Hey Siri”を許可]をオン
「Hey Siri」を3回言って、さらに2つの質問に答えると、iPhone(iPad)はユーザーの声を覚えてくれる。

もうこれで、ポッドキャストやYouTubeで誰かが「Hey Siri」と言っても、勝手にSiriが起動することはないぞ!

とはいえ、万が一悪意のある人物にあなたの情報を漏らさないよう、ロック中はSiriが起動しないようにしておこう。
設定は[設定]>[Touch IDとパスコード]>[ロック中にアクセスを許可][Siri]をオフに。

これでSiriは、あなただけのものだ。

まとめ

どちらも地味な機能で、あまり大々的には発表されなかったけど、セキュリティー的には大きな進化だといえる。

ホント、iOS9は優れたOSだと思うよ。


こちらの投稿もいかがですか

iPhone5sを使っている人は、今すぐiOS9.1にアップデートしておけ!?

iOS9をインストールしたiPhone5sの動作を軽くする設定と作業

スポンサーリンク
関連するコンテンツ