これはイケてるのか!? iPhone 7用(?)音系アクセサリ

耐水防塵機能やFeliCa対応などが搭載されたiPhone7シリーズ。
中でも話題を呼んだのがイヤホンジャックの廃止だ。
かわりにLightning端子を使うことになった。

賛否両論あるものの、なくなったことは事実。
これにより今までのイヤホンやヘッドホンが使えなくなるので、Lightning端子を使うアクセサリ類がいくつかリリースされた。

スポンサーリンク

AirPods

airpods
Bluetoothで接続する、ワイヤレスイヤホン。
このデザインにも賛否あるみたいだけど、意外に賛が多いのでびっくりした。
確かに専用のケースで充電し、そこから取り出す映像は、とてもサイバーでカッコ良かった。

しかし本体は、EarPodsからコードが抜けただけみたいだし、一部にはエノキ茸やもののけ姫の木霊にしか見えないと揶揄する声もあるデザインだ。

さらにEarPodsと同じ形状であれば、フィット感にも不安が残る。
スポーツはもちろん、少しアクティブな動をしただけで外れてしまいそうだ。
コードで繋がっていないので、落として壊れたり、失くしてしまう危険性もある。

いずれ左右を繋ぐコードや、フィット感を良くするサードパーティ製のパーツが販売されるだろうけど…

機能的にはW1チップ搭載で、iPhoneやiPadなどのiOS端末とワンタッチで接続でき、Bluetoothイヤホン特有の設定の煩わしさがないなど、さすがはApple純正製品といえる。
それだけにこのデザインはもったいない。

これならXperia Earの方が、100万倍カッコイイ。
まぁ、デザインの好みは人それぞれなんだけど…

sankouスマートフォンだけでない!? Xperiaはサイバーに進化する! 「Xperiaスマートプロダクツ」

EarPods with Lightning Connector

earpods-with-lightning-connector
AirPodsを買うなら、個人的にはこちらをお勧めしたい。
これなら3.5mm端子がLightning端子に変わっただけで、通常の(?)のEarPodsと同じ使い方ができる。
しかも価格も同じ3,200円だ。

ただし、これが使えるのはiPhoneやiPadのiOS端末だけで、Android端末はもちろん、MacなどLightning端子を持たないApple製品にも使えないので注意が必要だ。

複数端末に兼用でイヤホンやヘッドホンを使いたいのであれば、次のLightning 3.5mmヘッドフォンジャックアダプタの方が汎用性は高い。

Lightning 3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ

lightning-headphone-adapter
これを使えば、今までのイヤホンも7シリーズで使うことができる。
しかも価格は900円と、Apple純正の周辺機器としては破格の安さだ。
今までなら、こんな製品でも数千円は取りそうなのに…
おそらくイヤホン・ヘッドホンメーカーに対する配慮という側面もあるのかもしれない。

アダプタを使うのはビジュアル的にダサい、という意見もあるけど、個人的にはアダプタ類は嫌いじゃない。
いろんなアダプタを介して接続するのは、どこかサイバーなイメージがあると思うのは、僕だけなのだろうか。

これはiPhone 5sでも使えそうなので、値段も安いしとりあえず注文してみた。
音質は3.5mmイヤホンジャックより、Lightning端子から取り出したほうが良いはずだ。

まとめ

EarPodsのデザインは好きで、ヘッドホンは主にこれを使っている。
音質が特に良いわけではないけど、聴きづらいほど悪くもなく、ふつうに使うには充分だ。

それだけにAirPodsの失望感は小さくない。

マイク部分のデザインを少し変えるだけで、かなり印象が変わるんじゃないかと思うんだけど…

※価格はすべて税抜き

スポンサーリンク
関連するコンテンツ