iPhone 8・iPhone Xは買いか否か!?


2017年9月12日(現地時間)、Appleの新製品発表会が開催され、例年どおり(?)iPhoneの新機種が発表された。
これも例年のように(!)リークどおりのものだったので、特に驚くことはなかったのだが、一応念のため購入するか否かを検討しておこう。

スポンサーリンク

iPhone 8

筐体のデザインはiPhone6以来、大きく変化はしていない。
大きさも138.4×67.3×7.3mmで、7と比べ高さ0.1mm・幅0.2mm・厚さ0.2mmとそれぞれ微妙に大きくなっているが、これは実際に手にした時も気づかない程度の誤差の範囲といって良いだろう。
一方で重さは148gで、7の138gより10gも重くなっていて、これは明らかに重く感じるくらいの差になりそうだ。

性能的には、いつものように処理速度とカメラ性能がアップしている。

追加機能としてはQi(ワイヤレス充電)に対応していること。
ケーブル接続の必要がなく充電できるのは便利な機能ではある。
僕が以前使っていたNexus 5もQiに対応しており、何度か試したことがあるが、とにかく充電スピードが遅かった。
3年半くらい前の話なので、当時より改善はされていると思うが、これだけでは乗り換えの理由になりそうもない。

総じてiPhone 7ユーザーにとって、iPhone 8は乗り換えるほどの端末ではなさそうだ…

iPhone X

iPhone 7から正統進化を遂げたiPhoneだ。
Xがあるのに、なぜ8などという中途半端な端末をリリースしたのか、ワケが分からない。

iPhoneの象徴ともいえるホームボタンがなくなり、全面がOLED(有機EL)ディスプレイ。
しかもボディの大きさはiPhone8より少し大きい程度だが、ディスプレイの大きさは8 Plusより大きい5.8インチを搭載している。

ホームボタンがなくなったことでTouch ID(指紋認証機能)ではなく、Face ID(顔認証機能)に変更された。
顔の骨格を立体的にスキャンするため、髪型を変えたりヒゲをはやしたり、メガネを掛けても認証に失敗する確率は100万分の1だという(ちなみにTouch IDは5万分の1…)。

カメラ部分がディスプレイに切り込んでいるデザインには賛否あるようだが、個人的には機能に特化したアンバランスなデザインは嫌いではない。

iPhone 7から乗り換えるとすれば、間違いなくXということになるが、問題は価格。
Apple Store直販のSIMフリー版が112,800円(税別)からと高価だ。
予想していたよりは安かったが、今年7を購入したばかりの貧乏人が、安易に手を出せる価格ではない。

また実際の使用感も確認したいところなので、とりあえずは様子見だ(どちらにしろ、すぐに入手できないだろうし…)。

まとめ

というわけで今回もいつものように(?)すぐに購入する予定はない。

むしろ新型iPhoneリリースで価格が下がった、iPhone 7 Plusや6s Plusが気になっている。
iPad mini 2の有力な後継機候補になる可能性が大だ。

スポンサーリンク