万が一の時のために、iPhoneをバックアップする2つの方法 

iPhone-1
MacやiPhoneにとって、バックアップは必須だ。

特にiPhoneは持ち歩く機会が多いぶん、紛失や故障、水没の可能性も高い。
端末自体は買い直すことも可能であるが、一度失くしたデータはバックアップがない限り、取り戻すことができない。

あってはならない万が一のために、バックアップを取っておこう。
iPhoneなどiOS端末のバックアップを取る方法は、iCloudiTunesの2とおりある。

スポンサーリンク

iCloudでバックアップする

[設定]から[iCloud]をクリック。

[バックアップ]をクリック。

[iCloudバックアップ]をオンにする。

この設定で、iPhoneが充電状態でロックされていて、Wi-Fiに接続されていれば自動的にバックアップされる。
すぐにバックアップしたいときには[今すぐバックアップを作成]をクリックしよう。

iCloudのバックアップでは、

  • カメラロール
  • iMessage・SMS・MMS
  • ホーム画面のアプリのデータと配置
  • 着信音

などがバックアップされる。

連絡先カレンダーリマインダーメモフォトストリームなどは、iCloudのバックアップには含まれていないので、iCloudでそれぞれ同期しておこう。

iTunesでバックアップする

iTunesを起動し、iPhoneをLightningケーブルでPC(Mac)に接続する。

iPhoneが認識されたら、[今すぐバックアップ]をクリック。

すぐにバックアップが始まる。

iTunesのバックアップでは、iPhoneのほとんどのデータがバックアップされるので、[バックアップから復元…]で、ほぼ同等の環境が再現される。

まとめ

僕は念のため、両方の方法でバックアップを取っている。
クラウドとHDDの2ヶ所にあることで、バックアップデータ自体の紛失・破損のリスクも減らすことができる。

また、iTunesのバックアップは万が一の時だけでなく、iOSのアップデートの時に使用する。
アップデートはiTunesで[iPhoneを復元…]を選択し、一度初期状態に戻し、あらためて[バックアップを復元…]する。
それにより不要なデータが一掃され、不具合の少ない状態で復元されるからだ。

いずれにしても、万が一の悲劇を避けるために、定期的にバックアップを取るように習慣づけておこう。

スポンサーリンク
関連するコンテンツ