iOS8.2以降でバッテリーが異常消費する時の解決方法【追記あり】

coverless_iPhone_a
iOSをアップデートした時、必ず話題になるのがバッテリーの異常消費。
原因は、もちろんiOSの不具合もあるが、主に次の2つの場合が多い。

  • 新しいiOSの使い心地を確かめるため、ふだんより起動時間が長い。
  • iOSの設定変更をバックグラウンドで実行しているため、しばらくはスリープ時にも電力を消費している。

ただiOS8.2にしてから、かなりの期間バッテリーの消費が減らなかったので、調べてみると原因がわかった。

フィットネス・トラッキング&ヘルスケアだ。

スポンサーリンク

フィットネス・トラッキング&ヘルスケアを切る

[設定]から[プライバシー]を開く。
iPhone_Battery_saving_a

[モーションとフィットネス]を開く。
iPhone_Battery_saving_b

[フィットネス・トラッキング]をOFF、するだけでもイイんだけど…
iPhone_Battery_saving_c

念のため[ヘルスケア]もOFFにしておこう。
iPhone_Battery_saving_d

そして[フィットネス・トラッキング]をOFFにする。
iPhone_Battery_saving_e

これでバッテリーの消費は、iOS8.1.Xと同じくらいになった。

フィットネス・トラッキング&ヘルスケアの機能が不要な人は、ぜひ一度確認することをオススメする。

iOS8.3ではiFunboxが使用不可!?

入獄状態でも、ある程度のファイル操作ができて便利なiFunbox。

【iPhone裏技】旧アプリをインストールする! iFunBoxの使い方

これがiOS8.3で使えなくなったみたいだ。

まぁ、通常はそれほど使うことがないアプリだけど、気になる方はiOS8.3へのアップデートは控えたほうがイイかも知れない。

また、アップデートしてしまった人も、shshが発行されているうちは、itunesでiOS8.2にダウングレードできる。

旧shshの発行は、新iOS(今回は8.3)がリリースされて数時間〜数日のうちに終了するので、ダウングレードを考えている方はお早めに。

ただし、この方法はAppleが推奨している方法ではないので、自己責任でお願いします。

無理にダウングレードしなくても、そのうちiFunboxがバージョンアップして、iOS8.3以降でも使えるようになるかも知れないしね…
&nbsp

【追記】

使えるようになった!

iOS8が有能で、ますますMacを起動する機会が減りそうな勢い

まとめ

iOSのアップデートはiPhone本体から行うより、itunesを使った方が安定していて不具合が少ない。
環境が整っている人は、ぜひともitunesでのアップデートをオススメする。

スポンサーリンク