果たしてiPhone miniの需要はあるのか !?

Untitled
iPhone6/6Plusが発売されて3ヶ月たつ。
報道によると売上は順調らしい。
一方で特に6Plusは、その大きさからの使いにくさを理由に、5sなどに戻る人も増えているという。
そんな中、iPhone6s miniの発売の可能性が、複数の米メディアから発表された。

スポンサーリンク

iPhone6s miniとは

投資銀行のCowen and CompanyのアナリストTimothy Arcuri氏によると、iPhone6s miniは4インチサイズで、前年に発売された5sと同じような仕様になるという。
ただデザインは6/6Plusを踏襲した曲面を用いたデザインになるらしい。

位置的には5sと同時に発売された5cを想起されるが、専用設計されたQualcomm製のコンポーネントを搭載するのではないか、という噂もある。

発売は2015年というから、いつもどおりのスケジュールで、通常の6s/6sPlus(?)と同時に発表されるのだろう。

噂は真実!?

過去、Timothy Arcuri氏の予想は当たったこともあれば、ハズレたこともある。
そういう意味では、この報道を鵜呑みにすることはできないけど、iPhone miniの需要はあると思う。

僕も以前の投稿でiPhone miniへの希望を書いたけど、やっぱりそう考える人もいたんじゃないかな。

iPhone6 その他は、買いか否か
2014年9月9日(現地時間)、Appleの新製品発表会が、カリフォルニア州クパチーノで開催された。 ガジェット好きの僕も、(昔ほどじ...
だったら5sや5cを継続して売ればイイやん、とも思うんだけど、新商品にしたほうが売れるんだろうね…

まとめ

個人的には5sの大きさが使いやすいんで、4インチの新モデルを造ってくれることは歓迎だ。
今使っている5sの後継機になりそうだしね。

でもそれならいっその事、まったく違うコンセプトの端末、テンキー付きのガラケータイプなんか面白いと思うんだけどな…
もちろん専用のiOSを搭載して、AppleWatchのようにiPhoneやiPadと連携できる感じで…
今さら、そんなのに需要はないだろうけど…

とりあえず、続報を待ちたいと思います。

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ