請求書を見てビックリしないために! 海外でiPhoneを使用する場合の注意点と設定方法

70091
夏休みに入り、海外旅行を計画されている方も多いことだろう。

iPhoneなどのスマートフォンは、もちろん海外でも使用は可能だ。
しかし、うっかり国内の設定のまま使ってしまうと、ビックリするほどの通信料金を請求されることがある。

そんな事態を防ぐためにも、日本を出国する時点でしっかり設定しておこう。

スポンサーリンク

海外での基本設定

すべて[設定]から

[機内モード]→ オン
[Wi-Fi]→(利用可能環境下で)オン
[モバイルデータ通信]→[モバイルデータ通信]→ オフ
[モバイルデータ通信]→[LTE回線を使用]→ オフ
[モバイルデータ通信]→[データローミング]→ オフ

以上の設定で、海外での通話・通信料金は請求されない。

海外での通話・通信方法

フリーWi-Fiを使う

基本的に海外での通話・通信は、フリーWi-Fiを利用しよう。
海外の都市部、ホテルや飲食店などはフリーWi-Fiが利用できるところが多い。

ただし、セキュリティー面は不安なので、クレジットカード番号等の個人情報は扱わないことが原則だ。

また、国によっては政府検閲用のファイアーウォールがかけられているところもある。
SNSやウェブサービスにアクセスできない場合は、VPN Gateを試して見よう。

iPhoneで専用アプリを使って、VPN Gateに接続する方法
最近は公共施設や飲食店などで、公衆Wi-Fiを使えるところが増えた。 便利ではあるが、公衆Wi-Fiは不特定多数の人が使うものであり、...
http://re-cyberrat.info/opera-vpn

無料通話アプリなどを利用する

通話にはLINESkypeなどの通話アプリを使おう。
メールもLINEGmailなど、フリーのウェブメールサービスを利用する。

iPhoneなどのiOS端末同志であれば、Face TimeiMessageを使うことも可能だ。

もちろんこの場合も、上記の設定のままでWi-Fiを利用すること!

モバイルWi-Fiルーターをレンタルする

常時接続が必要な場合は、空港の専用カウンターでモバイルWi-Fiルーターをレンタルできる。

国内キャリアの海外パケット定額より安い場合が多いので、必要があれば利用しよう。

simフリー端末であれば、現地のプリペイドsimを利用する

スマートフォンがsimフリー端末であれば、現地のsimカードを利用するのも手だ。
ほとんどの国際空港には、現地の通信会社が専用カウンターを持っているので、そこで購入できる。

ただし、現地スタッフと多少のやり取りが必要になるので、最低限の会話はマスターしておくこと。
端末の設定などは、その場でやってくれる。

まとめ

よほどの長期滞在や特別な必要がない場合は、上記の設定でフリーWi-Fiを使えば充分だろう。
逆にこの機会に、通信を処断してデジタルデトックスし、バカンスを100%楽しむのもイイかも知れない。

あと、コンセントの形状は国によって何パターンかあるので、予め調べておくかマルチ電源プラグを持って行こう。

iPhoneなどiOS端末の電源プラグは、ほとんどの電圧に対応しているので、電源プラグだけ使えば変圧器は必要ない。

それでは良い旅を!

スポンサーリンク