iPhoneの「システムサービス」を最適に設定しておくと、通信量やバッテリーを節約できる! かも…

iphone_systemservice_a
iPhoneの設定にシステムサービスというものがある。

[設定]>[プライバシー]>[位置情報サービス]>[システムサービス]と、少し深いところにあるので気がつかない人も多いかも知れない。

主に、位置情報を利用して周辺の状況を送信したり、ユーザーに有益な情報を受信したりするという機能の設定だ。

必要ないものはオフにしておくと、多少なりともモバイルデータ通信量やバッテリーの節約になるので、確認しておこう。

スポンサーリンク

システムサービスの詳細と僕の設定

Homekit

家電製品を操作する、Homekitを利用する場合の設定。

Homekitを使っていないのでオフ

iPhoneを探す

iCloudでiPhoneがどこにあるかを検出する、iPhoneを探すを利用する場合の設定。

MacやiPad4でiPhoneを探すを使っているのでオン

SafariとSpotlightの検索

SafariやSpotlightで、周辺施設の情報を検索候補として表示する場合の設定。

使っていないのでオフ

Wi-Fiネットワーク

周辺のWi-Fiアクセスポイントの状況をAppleに送信するための設定。

Appleに協力したいのはヤマヤマだけどオフ

コンパスの調整

磁気偏角*1を補正し、コンパスの精度を上げるための設定。

地図アプリはよく使うのでオン

モーションの調整と距離

モーションセンサーで、加速度・方位・移動距離・高度などの情報を正確な値に補正する設定。

ヘルスケ系アプリを使っていないのでオフ

位置情報に基づくiAd

周辺施設のiAd(広告)を表示する設定。

iAdは必要ないのでオフ

位置情報に基づく通知

指定した場所に到着した時などに通知する、リマインダー機能の設定。

リマインダーを使っていないのでオフ

位置情報を共有

メッセージや友達を探すなどで、自分の位置情報を共有する設定。

共有する友達がいないのでオフ

携帯電話通知網検索

“Wi-Fiネットワーク”と同様にクラウドソースデータベースを拡充するため、位置情報と携帯電話基地局情報をAppleに送信する設定。

Appleに協力したいのはヤマヤマだけどオフ

時間帯の設定

タイムゾーンを自動設定するための設定。

日本国内で使うことが多いのでオフ

利用頻度の高い位置情報

利用頻度の高い場所やその日時を記憶し、ユーザに合わせたサービスを提供する設定…

情報は端末内に保存されAppleには送信されないらしいけど、気持ち悪いからオフ

この近くで人気

App Storeで周辺場所で役立ちそうなアプリを紹介するための設定。

必要ないのでオフ

経路と交通情報

マップで経路や交通情報を表示する設定。

日本のマップでは、ほとんど対応していないのでオフ

診断/使用状況

iPhoneの状態や使用状況がAppleへ送信する設定。

Appleに協力したいのはヤマヤマだけどオフ

ステータスバーアイコン

システムサービスが動作するとiPhoneのステータスバーにアイコンが表示される設定。

確認のためオン

まとめ

マニュアルがなくても、直感的に使い方が分かるのがiPhoneの良さのひとつなんだけど、システムサービスの設定は非常に分かりにくい。

ひとつひとつの設定に説明がないので、オンオフの判断に迷ってしまう。
使い方によっては、すべてオフにしておいても不都合はないのに、ディフォルトではすべてオンになっているしね。

特に利用頻度の高い位置情報は個人情報に関わることだ。
自宅や勤務先が、知らないあいだに登録されていることもあるので確認しておこう。
登録されている場合は削除することもできる。

なお、設定しだいで今まで使っていた機能が使えなくなることもあるので、設定は自己責任で

磁気偏角*1 地磁気の向きで測定した北(磁北)と真北とのズレの角度。日本では3~9°くらいのズレがある。

スポンサーリンク
関連するコンテンツ