iPhoneのテザリングはBluetooth一択! その3つの理由と2つのデメリット

iphone_tethering_bluetooth
外出先でMacBook AirやiPad miniを使う時、できるだけフリーWi-Fiを使うことにしている。
しかし場所によっては使えないこともあるし、どうしても個人情報を使わなくてはならない時などは、やはりセキュリティー的に不安だ(VPNゲートを使う方法もあるけど…)。

【iPhone裏技】専用アプリを使って、VPN Gateに接続する方法


そんな時は、iPhoneのテザリングを使う。

iPhoneのテザリングの接続方法には3つある。
USB接続Wi-Fi接続、それにBluetooth接続だ。
それぞれに利点と欠点があるんだけど、僕は主にBluetooth接続を使っている。

スポンサーリンク

iPhoneのテザリングでBluetoothを使う理由

バッテリー消費量が少ない

Bluetooth接続は、Wi-Fi接続よりバッテリーの消費量が圧倒的に少ない。
特にBluetooth4.0以降は、常時オンにして待ち受け状態にしておいても、接続されていなければほとんどバッテリーを消費しない。
モバイル環境において、バッテリーの低消費は重要な要素だ。

MacBook AirやiPad miniの操作だけで接続できる

一度ペアリングしておけば、iPhoneの[インターネット共有]とBluetoothをオンにしておくと、子機となるMacBook AirやiPad miniの操作だけで接続できる。
利用時にも、iPhoneを服のポケットや鞄などに入れたまま取り出す必要がない。

常時接続状態も可能

Bluetoothはバッテリー消費量が少ないので、iPhoneとiPad(mini)を常時接続しておくこともできる。
また、接続状態であればiPhoneとiPad(mini)どちらか、あるいは両方ロック状態になっても接続が切れることはない。
常時接続にしておけば、メールやLINEをプッシュ通知を受けることも可能だ。

iPhoneのテザリングでBluetoothを使うことの欠点

通信速度が遅い

Wi-Fi接続と比べると、Bluetoothはどうしても通信速度が劣る。
だから重いファイルのやり取りや、高精度の動画のストリーミングなどには適さない。

とはいえiPhoneの通信量を考えると、テザリングでそんなことをしない方が無難だ。

テキスト中心ののメールや通常のブラウジングでは、ストレスがない程度には快適に使えるはずだ。

とはいえ多少はバッテリーを消費する

Bluetooth4.0で低電力化されたとはいえ、当然“0”ではない。
起動している限り、多少の電力は消費し続けている。

iPhoneとMacBook AirをUSB接続でテザリングすれば、MacBook Airから給電されるのでiPhoneのバッテリーは減ることがない(むしろ増える…)。
この点でUSB接続に劣ることになる。

ただしUSB接続できるのは、MacBook AirなどのUSB端子を持つ端末だけで、iPad(mini)などは使えない。
そういう意味では、Wi-FiやBluetooth接続の方が、利便性が高いといえるだろう。

まとめ

欠点もあるが、僕の使用環境においては利点の方が大きい。

必要になりそうな時は、あらかじめiPhoneの[インターネット共有]とBluetoothをオンにしておく。
そうしておけばiPad miniを取り出して、Bluetoothをオンにすれば、いつでもネットに接続できるからね。

こういうレベルの使い方で問題なければ、iPad(mini)はWi-Fiモデルで充分だね。
通信費も節約できるしね…


こちらの投稿もいかがですか

セキュリティーを重視するなら、iPhone一択!?

これで16GBのiPhoneでも大丈夫! iOS用外部メモリ「leef iBRIDGE」

スポンサーリンク
関連するコンテンツ