Kindle Oasisは今買うべき端末なのか!?


先週から発表が予告されていたKindleの最新モデルが、予告どおり発表された。
直前にリーク画像がネット上に流されたが、ほぼそのままのデザインと機能。

特にデザインは、既存のKindleと大きく変更されている。

スポンサーリンク

Kindle Oasisのスペック

ディスプレイ・・・6インチ
ストレージ・・・4GB
内蔵ライト・・・LED 10個(明るさの均一性が向上)
解像度・・・300ppi
バッテリー・・・数か月(バッテリー内蔵カバー装着時)
サイズ・・・143x122x3.4(最薄部)/8.5(最厚部)mm
重さ・・・131g(Wi-Fiモデル)/133g(Wi-Fi+3Gモデル)

Kindle Oasisの良さそうな点

ページ送り用ボタン

Kindleとしては第4世代ぶりに、メインスイッチ(電源ボタン)以外の物理ボタン、ページ送り用ボタンが付いた。

今までのKindleは、ディスプレイをタップしてページを送る必要があったので、よほど手が大きく器用な人でないと片手で操作することは難しかった。
しかしページ送り用ボタンが付いたことで、誰でも簡単に片手で使えるようになった。

満員電車でつり革につかまりながらでも、読書ができる。
まるで日本の通勤状況を前提にしてくれたような機能だ。

ちなみに加速度センサーが付いているので、上下を逆にするとページ送り用ボタンは左右どちらでも使用可能だ。

バッテリー内蔵カバー

バッテリー内蔵カバーが標準で付属している。
これを装着することでディスプレイが保護できるだけでなく、最長で数ヶ月のバッテリー寿命を実現している。

表紙の開閉でスリープのオン/オフができることは当然として、カバーの装着もマグネット式で簡単に着脱でき、装着時もしっかり固定できるという。

高級なレザー製で、カラーもブラック・メルロー(ワインレッド)・ウォルナット(スウェード)の3色から選べるところもポイントが高い。

軽い・小さい

物理スイッチ部分のベゼルが太くなったので大きくなったのかと思ったが、他の辺のベゼルがかなり細くなっているので、実質的には小さくなっている。
さらに最厚部は8.5mmとKindle Voyageより1mm近く厚くなっているものの、最薄部が3.4mmとかなり薄くなっているため、重量も131gとKindle Voyageより50g近く軽くなっている。

ほとんどの場合、手に持って使う端末なので、小型軽量化であることは大きな利点といえるだろう。

Kindle Oasisの気になる点

高い

読書専用端末に¥35,980は、やはり高価だ。
しかもこれは、Wi-Fiモデル/キャンペーン情報つきの最安モデルの価格だ。
Wi-Fi+3Gモデル/キャンペーン情報なしも最高モデルになると、¥43,190だ。

ちなみにiPad mini2の16GBモデルは¥34,344、iPad Air2の16GBモデルでも¥48,384だ。
バッテリー内蔵の専用カバーが付属するとはいえ、これはやはり高い…

ストレージが4GB

Kindleの不満点で、いつもトップにあがるのがストレージの少なさだ。
小説などのテキスト中心であれば数千冊ダウンロードできるが、画像が大半のマンガになると50〜60冊程度に減ってしまう。

3万円を超える高価な端末なので16GBや32GBとは言わないまでも、せめて倍の8GBくらいは欲しかった。
http://re-cyberrat.info/kindle-paperwhite3

デザイン

正面はページ送り用の物理ボタンが付いたため、片方のベゼルが太くなり左右対称ではなくなった。
さらに裏面も、物理ボタン部分が膨らんだ、段差のある凸凹としたデザインになっている。

一般にはシンメトリーなデザインが美しいとされているので、このあたりは好みが別れるところだろう。

まとめ

ストレージ以外では、正統進化といってイイんじゃないかな。
ページ送り用ボタンも便利そうだし、何よりも小型軽量化されたところを評価したい。
アシンメトリーなデザインも、個人的には好みだ。

ただ、大きな問題になるのが価格。
Kindleに3〜4万円はやっぱり高いな…
せめてKindle Voyageくらいの2万円前後ならね…

Kindle Paperwhiteを購入した直後に、Kindle Oasisの販売予告があったんでチョット後悔したけど、結果的には良かった。
今でもやっぱり、Kindle Paperwhiteを買っていたな。

Kindle Oasisを買うんだったら、倍出してLUMIX CM10を買うね。

そんなわけで、よほどのガジェットマニアでないかぎり、僕はKindle Paperwhite(キャンペーン情報なし)をオススメします。
http://re-cyberrat.info/kindle-paperwhite1

スポンサーリンク
関連するコンテンツ