やっとストレージがアップ!! 32GBの「Kindle Paperwhite マンガモデル」登場!


軽量小型でバッテリーの持ちが良く、Amazonプライム会員なら4,000円オフで購入可能という、とても評判がイイKindle Paperwhite。
唯一の欠点がストレージが4GBしかないこと(ユーザー使用可能領域は3.1GB!)。

テキスト中心の小説であれば4500冊〜6000冊くらいは可能だけど、画像中心のマンガになると50〜60冊程度しかダウンロード・保存できない。

sankouKindleは自炊本を読むのには向かない!? マンガも限界があるので小説を読むのが吉!

そんなマンガ好きのKindleユーザーの不満を解消すべく、2016年10月21日に発売されるのが「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」だ。

スポンサーリンク

ストレージ以外は4GBモデルと同じ!?

マンガモデルは、ストレージが従来のKindle Paperwhiteの4GBから32GB、8倍にアップされた。
これにより通常のマンガであれば、約700冊ダウンロード・保存可能になるという。

ディスプレイの大きさや解像度、本体のサイズやその他の性能は、従来のKindle Paperwhiteと同様のようだ。

ただ気になるのがページ送りの新機能だ。

「快速ページターン」と「連続ページターン」

「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」は、マンガを読むのに適したページ送りの新機能が搭載されるという。

快速ページターン

マンガのページめくりスピードが、通常のものより33%アップする機能。
快適にマンガを読み進むことが可能だ。

連続ページターン

画面長押しで、ページが高速に切り替わる機能。
目的のページまで一気に進むことができる。

他に、従来機でも可能だったピンチ&ズームも快適におこなえるという。
いずれもマンガを読むのには、便利な機能だ。
この機能は2016年10月末からのシステムアップデートで、順次既存のKindleシリーズに搭載されるようだ。

まとめ

ストレージも増えてシステムも最適化された「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」は、マンガ用電子書籍端末として最適といって良いだろう。

価格も従来のKindle Paperwhite(Wi-Fiキャンペーン情報なしモデル)が16,280円に対し、マンガモデル(キャンペーン情報なしモデル)が18,280円と、わずか2,000円の差だ。
しかもAmazonプライム会員であれば、4,000円オフで購入できる。
既存のモデルを持っている人は、よほどの必要性がない限り買い換える必要はないだろうが、これから新たに購入を考えている人には、間違いなくマンガモデルがオススメだ。

なお、「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」は日本限定製品だという。

ホワイトモデルもある!

スポンサーリンク