Amazonアウトレットで純正カバーを購入! Kindleを使いこなすための活用術【番外編】

Kindle_Cover_h
安価でそれほど高級感もないので、Kindleはカバーも保護フィルムも使わないつもりだった。
でも結局、純正カバーを購入した。

購入したのは、Amazonアウトレットだ。

スポンサーリンク

Amazonアウトレットとは

Amazon.co.jp が運営するAmazonアウトレットは、お客様から返品された商品・倉庫内で梱包に傷を負った商品のうち、商品の状態が良いにも関わらず、Amazon.co.jp の厳密な基準では新品として販売しないものを、お手頃な価格で販売するストアです。 Amazon.co.jp の基準では新品という扱いではないため、Amazonアウトレットの商品は、商品ページの「中古品の出品」リンクからお買い求めいただけます。 また、他の「Amazon.co.jpが発送します」と表示されている出品者と同じように、商品はAmazon.co.jp が発送します。

Amazonアウトレットの梱包

日本郵便ゆうパケットで送られてきた。
ゆうパケットは受取りの必要はなく、郵便受けに投函される。

今まではヤマトメール便かゆうメールだったんだけど、ゆうパケットは初めてだ。
ヤマトメール便サービス終了と関係あるのかな…

入っているのは、いつものAmazonのクッション付き紙袋。
Kindle_Cover_a
いつもの納品書類は同封されていなかった…

本体はビニール袋に…
Kindle_Cover_b
アウトレット商品だからか?

ケースに入っているのかと思ったら、半分出た状態。
Kindle_Cover_k
アウトレット商品だから、一度開封されているのか?
正規品がどうなっているのかは不明。

Amazon純正 Kindle用保護カバー

純正品なので、当然ジャストサイズ。
Kindle_Cover_g

電源スイッチやmicro USB端子部分は、大きく切り欠かれているので、ほとんどのケーブル類が使用できそうだ。
Kindle_Cover_j

表紙は、簡単に折り返すことができるので、読書時に不便はない。
Kindle_Cover_i

表紙右下や、
Kindle_Cover_e
表紙裏には、
Kindle_Cover_f
純正ならではの、Amazonのロゴ。

良い点

表紙の開閉で、本体のオン/オフができるので便利だ。
下部のスイッチは、操作しにくかったからね。

材質はポリウレタンで、表面は梨地処理されているので、手触りも良く、指紋も目立たない。

気になる点

Kindleの本体価格が¥6.980に対し、カバーは通常価格で¥3.240なので、相対的に少し割高感がある。

カバーの重量が110gなので、本体と合わせると約300g。
単体の時より、やはり少し重く感じる。

まとめ

僕が購入したのは、アウトレット価格で約¥2.600で、約20%オフだ。

商品自体はキズもなく、おそらく新品同様で、まったく問題がなかった。

モノ自体はとてもイイんだけど、やっぱり少し高いね。
僕も通常価格では、買っていなかったな…

考えてみれば、Kindle本体も割引キャンペーンで購入したし、Apple製品も最近は整備済製品ばかり使っている。

Apple認定整備済製品、購入のススメ
Apple認定整備済製品をご存知だろうか。 発売情報を載せているブログもあるんで、ご存じの方は多いかも知れない。 でも、実際に購入し...
特にこだわりがなければ、こういうものを利用すると、新品と同等のものが安く買える。
これからも便利に利用したいな。


こちらの投稿もいかがですか

すでに生活の必需品! Kindleを使いこなすための活用術【その1】
もっか絶賛活用中のKindle。 最近の読書は、ほぼコイツで行っている。 使っているうちに、いろんな機能があることがわかったので...
青空文庫をKindleで快適に読む! Kindleを使いこなすための活用術【その2】
青空文庫は、日本国内において著作権が消滅した文学作品などを、TEXT形式などで無料で公開し、ダウンロードできるサイト。 これをKi...
http://re-cyberrat.info/kindle6

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ