「逃げ恥」で大人気!! 星野源作詞の「恋」徹底解析!


相変わらず快進撃を続ける、TBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。
僕も結局、毎週見続けている。
この歳になって、ラブコメドラマにハマるなんて、思ってなかったよまったく…

sankou「逃げるは恥だが役に立つ」ネットで話題になってるので、見てみたらガッキーの魅力にヤラれた…【追記あり】

その原因になったのが、エンディングの「恋ダンス」。
そのバックに流れているのが、平匡を演じている星野源作詞作曲の「恋」だ。

オンエアー中はガッキーの可愛さに目を奪われるのと、早口なので歌詞がよく聞き取れない。
どういう歌詞なのか調べてみると、これが抽象表現と省略、暗喩の連続で難解だ。
そのままでは、ほとんど意味が分からない。

そこで僕なりにこの歌詞を解析してみた。

スポンサーリンク

星野源作詞「恋」

営みの街が暮れたら色めき
風たちは運ぶわカラスと人々の群れ

    仕事が終わって街に日暮れが訪れると、みんな落ち着かなくなる。
    夜風とともに、カラスや人々が何処かへ移動しはじめる。

【補足】カラスというのは、「カラスが鳴くから帰ろう」的な、帰宅時間を表す象徴か?

意味なんかないさ暮らしがあるだけ
ただ腹を空かせて君の元へ帰るんだ

    (日々の生活に)意味なんてなく、日常の暮らしがあるだけ。
    ただ(毎日)お腹を空かせて、妻(家族)の待つ家へ帰るだけだ。

物心ついたらふと見上げて思うことが
この世にいる誰も二人から

    いろんなことを知った時、(大人たちを)見て思ったことは、
    この世のすべての人は、男女が愛し合って生まれてきたんだということ。

胸の中にあるもの いつか見えなくなるもの
それは側にいること いつも思い出して

    胸の中にあった想い(恋・愛)は、いつか見えなく(意識しなく)なってしまう。
    でもそれは、いつも自分の近くにあることを思い出さなくてはいけない。

君の中にあるもの 距離の中にある鼓動
恋をしたの貴方の指の混ざり 頬の香り
夫婦を超えてゆけ

    君に近づくと、聞こえる鼓動。
    あなたと指を絡ませあったり、(抱き合って)頬の匂いを感じたりして、恋をした。
    (ありきたりの)夫婦(という関係を)超えて行こう。

【補足】前段の、思い出すべき内容がコレ。
また、あなたを「貴女」ではなく「貴方」を使っていることで、対象が女性(異性)だけではなく同性や、後に出てくる「虚構」も含まれていることが想像できる。

みにくいと 秘めた想いは色づき
白鳥は運ぶわ 当たり前を変えながら

    カッコ悪いと思って隠していた気持ちも、抑えきれずに大きくなり、
    既成概念を打ち破って、白鳥になって羽ばたいていく。

【補足】「白鳥」はAメロの「カラス」と対比している、と思いきや、「みにくい(アヒルの子)」と掛けているようだ。
みにくいアヒルの子のようだった想いも、やがて美しい白鳥となって、あなたの元へ飛んで行く、という意味か?

恋せずにいられないな 似た顔も虚構にも
愛が生まれるのは 一人から

    人は、(当人ではなくても)似た顔(雰囲気)の人や、虚構(創りもの)にさえも、恋せずにいられない。
    愛が生まれる(=恋をはじめる)のは、いつもひとり(自分)からだ。

【補足】ここで先ほどの「貴方」がいきてくる。
恋(愛)の対象は同性も含めた人間だけでなく虚構、マンガやアニメなどの二次元も含まれるということか…

泣き顔も 黙る夜も 揺れる笑顔も
いつまでも いつまでも

    恋したら(愛したら)泣き顔も拗ねた(怒った)顔も、当然笑顔も永遠に(見ていたい)。

夫婦を超えてゆけ
二人を超えてゆけ
一人を超えてゆけ

    (既成概念にとらわれず、ありきたりの)夫婦を超えて行こう。
    (夫婦という枠にこだわらず、同性であっても)ふたりで超えて行こう、
    (対象が二次元であっても)ひとりでも超えて行こう。

まとめ

もちろん、これは僕の勝手な解釈で、まったくもって見当違いなのかもしれない。
何より、こんな解釈は意味がないのかもしれない。

でも、この詩は凄いね。
こんなに難解な(?)詩を書くには、豊富なボキャブラリーと文才が必要だろう。

星野源、恐るべし。
ちょっと、他の曲も聴いてみるかな…

[文中敬称略]

koi-of-hoshinogen恋 – EP – 星野源

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ